2009年09月12日

大阪府 堺市長選VS橋下知事

いよいよ政令指定都市の大阪府堺市で、市長選挙が始まる。
立候補者は現役の市長(木原敬介氏)と、他新人3名の4人が立候補予定だ。

木原氏は自民・民主・公明の3党から推薦を受け続投に意欲的だが、それに噛みついたのが橋下知事。
「一定の規模の自治体で相乗りは最悪。相乗りするなら政令指定都市を返上した方がいい」と述べて批判したらしいが、推薦されたところ以外の政党を支持する君に言う権利はあるのかな?

そもそも『相乗り』というが、立候補者の政策がその党にとって有益と感じたのなら、その立候補者を推薦することが何故悪いのだ。

ましてや、国政と地方政治の区別もつかないような橋下知事にとっては、『理工系大学=ハデでないので不必要』、『公務員=悪』、『教育委員会=クソ』と同じように『相乗り=最悪』と言った、ステレオタイプの考えしかないのだろう。

今回の衆院選で、「自分(橋下知事)が民主党を推薦したから民主党が圧勝したのだ」と思い込んでいるようだから、堺市長選でも「自分が応援してやるから(上から目線)、民主党が推薦すれば圧勝なのに、なぜ推薦しない。」といった感覚なのだろうな。

「政令指定都市を返上した方がいい」と言っているように、知事としての権限強化を図りたいのも良く分かるのだが、あまりにアカラサマすぎて引いてしまう。

結局、橋下知事はシモベの竹山修身氏を応援することになった。
さてどの政党が付いていくのか見物だが、自民党府議員からも2名ばかり造反者が出たようだ。
老婆心ながら、お二方はまずは離会届けを出してからの支持が良いのではないかな。
いつまでも橋下人気が続くと思っていると、ノック知事のようにどんな事が起きるか分からない。

地方自治にはその地方のやり方があると言っているのは知事本人だ。
相乗りを批判するのではなく、政策を判断することの方が先だろう。
現職の市長のやり方に不満があるのなら堺市民が拒否すればよいことだし、新人の立候補者に希望を託すのなら堺市民が決めればよいことだ。

ただ『相乗り=最悪』『橋下知事の言っていること=最善』と言ったステレオタイプの結果を選択するのも、堺市民の権利と言うことだけは確かだがね(嘲笑)
posted by 諷太郎 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

小沢って、そんなに力があるの?

民主党の圧勝以来、民主党内では政権のあり方について色々と問われているようだが、いよいよ小沢一郎代表代行が党幹事長として就任することになった。

そこで問い質されているのが小沢の力量だ。
「デストロイャー」の名称で、今まで散々ぶっ壊してきた。
確かにその手法は破壊的であり、独断的であり、密室的である。

しかし新しい政権が発足して、右も左も分からない状態のウチから「院政」や「権力の2分化」を危惧しているようだが、それほど小沢は力があるのだろうか?


今回の選挙で民主党が圧勝したのは小沢の力だと思ったら、大間違いだ。

彼の取った手法は、彼の小泉が取った手法と同じで、単純に国民の風に乗っただけで、「小沢民主党を選びたくて選んだのではなく、今までの自民党政治に嫌気がさしたから」にすぎない。

特に『小沢チルドレン』と呼ばれている者は自覚して欲しい。
小沢のお陰で当選したわけではない。
国民の力で当選したって事だ。


今までの自民党と同じ、密室政治を民主党が行うようでは、国民はすぐにでも民主党を見放すだろう。
民主党に科せられた使命は「高速道路の無料化」なんかじゃない。
国民の税金が、どのように使われているのか?
国策がどのように決定されているのか?
官僚の無駄な行政を廃止できるのか?
と言った、単純かつ明瞭な問題だ。

出来ないことは「こういう理由で出来なかった」と言って欲しいし、「この政策はこういう過程で作られた」と言って欲しいだけだ。
そうすれば「院政」だの「2極化」だの心配する必要など無くなる。

まあ、半年間は様子見だろう。
その間にどれだけ明瞭な政治が出来るのかが、勝負になってくると思う。
posted by 諷太郎 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

衆院選、民主党圧勝

世間一般の方の予想通り、今回の衆院選は民主党の圧勝で終わった。
自民・公明党の惨敗ぶりは『哀れ』を通り越して爽快な気分にすらなる。

この選挙に10億円以上モノ資金を投入した「幸福実現党」は、党首の当選すら叶わなかったが…まあ、どうでも良いことだろう。

さて、問題はいよいよこれからだ。

国民は民主党に期待したのではなく、自民公明党の政治に嫌気がさしたから民主党に入れたのは確かだ。

今までの(と言っても、バブル前のことまでだが…)高度成長時代なら自民党主体の政治で良かった。
しかし世界経済は急落し、日本国内でも少子高齢化が進み今後の発展すら望めない時代に、今まで通りの土建屋政治に胡座をかいてきた自民公明党の政治手法に鉄槌を喰らわしたって事だな。

その兆候は、かなり前から来ていた。
にもかかわらず、自民公明党は方針を変えることなく居座り続け、国民はどんどん政治に興味を持たなくなっていた。
しかし、それを打破することが出来ると知らしめたのが「小泉劇場」だ。

小泉元総理が起こした『風』は、国民の力で政局を変えることが出来ると実感させたことだ。
そしてその風は参院選で吹き、今回の衆院選でも吹いた。
そういった意味に置いてのみ、小泉元総理の功績は有るだろう。


いよいよ民主党の政策力が試される時だ。
どのような政策がなされるかは分からないが、この『風』の力を充分身に染みている民主党は、少なからずとも現実路線に方向転換しなくてはならないだろう。

ただ、空想世界に住んでいる社民党がどう出るかだな。
社民党の扱い1つで、自民公明党にボーナスポイントがつくやもしれない。
それでなくとも、本質的にはバラバラの民主党だ。
内閣を作る段階でもかなりの苦労が見て取れるが、何事もまず最初は手探り状態だから、この後の4年間を国民はしっかりと見ていかなくてはならないだろう。
posted by 諷太郎 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

衆院選の困惑

衆院選もあと3日になった。
今回の衆院選ではどの世論調査でも民主党が300議席を越える勢いだと予想している。

ただ、残念なのが「民主党がいい」から民主党に入れるのではなく、「今までの自民公明党の政治が酷いから」民主党に入れると言った風潮が大きいことが不安なのだ。

または小泉劇場と同様、単にそれが流行だから自分もそうすると言った輩も多そうなのも困ったことだ。


僕自身も民主党の政権能力については「未知数であろう」としか言いようがない。
旧社会党から元自民党の連中までの寄り合い所帯である民主党に、どのような政策が立てられるのか不安であるのは事実だ。
少なくとも内政はまだしも、外交関係に関しては不安満開としか言いようがない。

ましてや民主党はすでに社民党との連携をブチ上げている。

社民党というと、話題になったのは『総理!総理!』と絶叫しているだけのシーンしか思い浮かばない。
政策と言えば『憲法9条死守』を御題目のように唱え「憲法9条死守と言い続ければ、極楽浄土に行けますよ」と、何処かの宗教法人まがいの印象しかない。
まあ現与党にもそういう政党が引っ付いているので、似たようなモノか(苦笑)。

何にせよ今回の選挙は、どのようになっても不安だ。
現実問題、未だどの政党を支持しようかも決まっていない。

でも現実は…この前の小泉劇場同様の風が吹くのだろうなぁ。
posted by 諷太郎 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

衆院選の目玉??

いよいよ衆院選も本格的になってきました。
此方のような田舎にも、各政党の宣伝カーが走り出しています。

そう言えば「幸福実現党」の宣伝カーが来た時は、流石にビックリ!!
お前ら、そこまで金持ってるのかぁ〜って、思ったのだ。

まあ実際、宗教法人にゃ税金関係ないからな(^^;)
公明党でも、宗教関係でガボガボ稼いで政党関係でガツガツ稼いでいるだろうし…。
幸福実現党も、色気を出して不思議ではないな。

ってか…宗教法人からも、税金取れよ。

と言うと、要らぬ所からサリンでも撒かれちゃ大変だから、以上の事は冗談として…


さて、本題はこちら。
各党からマニフェストなるモノが出てきたが、空想物語のような事が満開だ。
2大政党に限ると、方や「責任力」、方や「無駄根絶」。

まあ自民党が、今更「責任力」と言っても、ここまでバラマキ政策をやって膨大な借金を作ってきた以上、責任力があるとは思わない。
また民主党も、内政には共感するモノもあるが、外政的にはかなりの不安が残る。

しかし、その中で特に気になるのが「地方分権・道州制」の項目だ。

これは、タレントの橋下が言いだして(その裏には「堺屋太一」の存在が見え見えだが…)それに乗っかって打ち上げているだけだが、実際地方分権はまだしも、『道州制』となると如何なモノだろう。

国民の中で、どの程度の人間が『道州制』について理解しているのか??
まあ…99%(?)の人は、道州制など理解出来ていないのではないだろうか。

当然、国会議員の中にも知らない奴は多くいるだろう。

今回の党首討論会の中でも『道州制』について具体的な話しなど一切出されていない。
人気タレントが『道州制』と言ったから、「とりあえず、マニフェストに書いておきましょう」てな感じだろうな。

つまり、酒井法子が逮捕されたから『碧いうさぎ』のダウンロードが増えたりCDの値段が高騰するといった、馬鹿馬鹿しい現状と同じなわけだ。

『道州制』に反対しているのが共産党だけと言った情けない現状では、この国はやはり幼稚化しているとしか考えられないだろう。

ちなみに、共産党が国政を担うことになるのも…恐ろしい話しだがね(共産党はスパイスであって、メインディッシュではない…苦笑)。
posted by 諷太郎 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

月1ペースかな?

蒸し蒸しとした日が続きますね。
見事にバテております(苦笑)

今年から給与も減ったし、ボーナスもなし(;_;)
我が家の家計は火の車って事で、電気代の節約からクーラーもかけられません(泣)

世間では衆院選挙で景気のよい話ばかりが飛び交うご時世ですが………なかなか我が家の方には実感はわかないし、今後もどうなる事やらと嘆いている次第です。

さて、ここのブログ…ハッと気が付いてみると、かなり間隔が開いてきた。
年のせいか、気力も体調も芳しくなく、なかなか更新出来ないと思っているのです。

時折、ここを見に来て頂いて、コメントを残して頂いている方がおられることを励みに書いてきましたが、当分ペースを落とすことにしました。

書きたいネタは山程有ります。
『どんだけ〜〜〜』と突っ込みを入れたい事件も腐る程有ります。
衆院選挙の各党マニフェスト。
プリンスホテルの敗訴。
各地の集中豪雨。
等々……

今日だけでもコレくらいはあるのですが……また、1つ1つ取り上げて、忘れた頃に書き込んでいきたいと思います。

こんなペースになってもなお、ここを訪問されて頂けていることに、多大な感謝の気持ちでイッパイです。
これからも、気が付いたら暇つぶしに御訪問下さい。
posted by 諷太郎 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

最近の天気ってのは(^^;)

ここ2日ばかり、スゴイ雨が降る。
おまけに雷を伴い、まるで夏の夕立が連続して起こっているような天気だ。

昨日もデカイ音と供に瞬間(2秒程かな?)の停電があった。

デスクトップでゲームをしていた息子は、情けない顔をして『やられた』とぼやいていた。
こんな時はノートの方が威力がある。

今日も朝からの大雨と雷音。
一体日本の気候は、どうなってるのだ?
長い間生きてきた僕としても、こんな天気(ゲリラ豪雨など)は近年になってからだね。
これも地球温暖化の所為なのか??
まあ地球温暖化ってのは、人間だけにせいだとは一重には信じていないがね。


さて天気も変動が激しいが、政局の方も激しい状態だ。
いよいよ衆議院がやけくそ解散をした。
8月30日に選挙だと言うが…まあ、郵政民営化時同様、有権者の気分なんていい加減なモノだから、今度ばかりは民主党政権が発足しても不思議ではないだろう。

金によって結束していた自民党ですらバラバラの状態だ。
それよりもっとバラバラの団体である民主党が政権を握るなどとは、考えもしていなかったことだが、まあコレも時の流れ…
地球温暖化みたいなモノだろう。

地方では橋下何某が『ワシの言うことを聞いた方を応援する』などと小賢しいことを言っているが、そんな事で流れが変わるのは大阪だけだ。
ってか…日本全体が、もう死に体なのかもしれない。

大雨が続く。
地盤が崩れ、地形が変わる。
日本の政治もその様な状態なのかな?


明日(22日)は日食だ。
どうやら曇の様子だが……
良い日食が見られるようになって欲しいモノだ。
posted by 諷太郎 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

目が見えないって…

最近、右目の調子が悪くなっている。
元々、緑内障を持っていて視野が狭いことに加え、右目の中心付近に内出血が起き見にくくなってきたのだ。

そうなると、細かな作業は左目だけでやることになってしまう。

車やバイクの運転も、片目の状態で見ることになってしまうので、かなり注意して運転しなくてはならないし、夕方になるとますます運転しにくくなる。
本を読んだり、PCを開けるのもおっくうになり、人にとっては目が見えることは大切なことだと思い知らされてきた。

そう思うと、視力障害者の人はスゴイと思う。
まあ自分自身も見えなくなったら、それなりに生きて行かなくては成らないのだろうが、たかが片目が見えにくくなってきただけで凹んでいるのは情けない。

左目も緑内障がある。
手術が出来る白内障と違い、緑内障は進行を止めるだけしか出来ないが、大切にやっていかないとならないだろうなと思うだけだ。

なんにせよ、ぼやくことしか出来ないが仕方ない。
これ以上悪くならないことを願いつつ、生きていきましょうか。
…って、たいそうだな(笑)
posted by 諷太郎 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

東国原英夫知事の発言って??

宮崎県知事の東国原英夫知事が、古賀氏に衆議院選挙出馬の依頼を受けたことに対して「総裁候補にしてくれるなら…」と応えた。
思わず笑ってしまったが、政治家を目指す者なら誰しもが思うことだろうし、チャンスが有れば食いつくのも当然だろう。

しかし、しょうもないニュースを見てしまった。

その発言に対して小渕優子少子化担当相が不快感を示したそうだ。

そりゃ小渕優子少子化担当相のオヤジは、首相時に過労で死んじまったよ。
しかし、その後を継いだ本人は政治にはズブの素人で、『これから勉強します』なんてイケしゃあしゃあと言ってたじゃないか。
単にオヤジが首相だからと言って国会議員になれる程度の国だよ。

別段、東国原英夫知事の肩を持つつもりはないが、そんな輩に『総裁は命をかけるもの』なんて言う権利はないだろな。
それこそ笑止だ。

まあ確かに知事の発言はインパクトのある発言だ。
しかし所詮、子供を産んだからって大臣になれるご時世だ。
その程度の政党の総裁なら、その程度の発言を受け入れて良いんじゃないの?

結局は我が身可愛さだけで発言する輩の多いことだって訳だな。
橋下さんも然りだが(笑)
posted by 諷太郎 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

たこフェリー

関西の人間なら誰しもが知っている「たこフェリー」。
あれって結構楽しいのですよね。

特にバイクなんかで、ノンビリツーリングしている時など利用すると、安くて、景色も良いし、好きだったのだ。

しかしそのフェリー会社が15人もの人員削減をおこなうとのこと。
まあ…国を相手に戦っても勝ち目がないって事だ。


ETC1000円乗り放題で、わざわざ「たこフェリー」などに乗らなくても淡路島まで行けるようになったからって事らしいが、馬鹿げた話しだ。

15兆円モノ追加借金をして、子々孫々にツケを残し、天下り公団にテコ入れし、民間の足を潰していく。

人員や物資の移動には、道路・鉄道・船と言った選択肢が多くある方が、何らかの事態に対応出来るのだが、それすら考えず税金を投入し、それに喜び騒いでいる連中が多いのには辟易する。

便数も減さなくてはならない状態だと言っているが、いずれ消える運命となるだろう。
高速道路1本では、軽車両や原付での渡りが出来なくなる。
情けない事だがそれが現政権の選んだ道だ。

ちょっと寂しい記事をだった。
posted by 諷太郎 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。