2010年05月24日

大阪市議会補選、橋下新党勝利

23日(日)に行われた、大阪市福島区の補選において橋下知事が推し進める『大阪維新の会』がたてた候補者が当選した。

それも圧勝である。


ちなみに当選した広田和美氏は8491票。
以下、共産党の山田氏が4871票、自民党の太田氏が4296票、民主党の国本氏に至っては3325票という為体だ。

各新聞、ニュースでは「既存政党からの脱却」との論調が多かったが、大阪ではそんな話は通用しない。
そこまで考えている人間は、大阪にはいないからだ。

大阪においては、辻本みたいなのが当選する土壌が強い。
横山ノック氏でも二期当選を果たしたのだ。

大阪は、政治に対して何ら興味を持っていないし、興味を持とうともしない。

単純におもしろい輩や、人気のある芸人なら誰でも良いのだ。
今回も、橋下劇場に乗っ取って遊んでいるだけだ。

大阪府民のうち、何人が『大阪都』構想の内容を理解している?
99.99%の大阪府民は知らないし、興味もないだろう。


橋下知事が普天間の米軍基地を大阪で受け入れる話をしたときも、府民の誰もが無関心だった。
本来知事がそんなことを言ったなら大騒ぎになるだろうが、府民の反応は『また知事がおもろいこと言うてはるなぁ』で終了。
府民の政治的レベルはその程度のものだ。

今までの既存政党が良いとは思わない。
だからといって、ヒトラー並の(と言ってしまうと、ヒトラーに失礼かw)個人崇拝で政治が動くようでは、大阪も北朝鮮並みの民度だ。

まあ大阪はこれから、他府県から見ているとどんどん面白くなっていくだろう。
馬鹿な大阪人よ、栄光あれ!!
posted by 諷太郎 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

参院選比例代表に谷亮子

いやもう勘弁してくれ

ほんと、もう勘弁してくれ!!

スポーツ選手が悪いって言うんじゃないが、国政選挙って人気投票か???


夏の参院選挙が近づいてきた。
それでなくても与党の支持率が20%台になり焦っているのはわかるのだが、誰でも出せば良いってモンじゃない。

特に民主党は酷い。

大阪では『岡部まり』をはじめ『桂きん枝』と立て続けに芸能人の候補を決めた。
まあ大阪の人間は何でもありだから、誰が政治家になっても良いのだから(たぶんソフトバンクのお父さんが立候補しても当選するだろうて)芸能人であろうが元犯罪者であろうがOKなのだが…やり過ぎだと思うのは僕だけだろうか。



大阪の芸能人好きは昔からで、『横山ノック』『西川きよし』を始め『橋下徹』などが大きな選挙を勝ち残っている。
反して関東ではどちらかというと物書きかスポーツ関係が多く、その中でも最も?だと思うのが『大仁田厚』。
たしかにアントニオ猪木も?の部類だが…

要は、単なる客寄せパンダとして立候補させ、本人は『国会議員』や『知事』の呼称とその報酬がほしいだけで立候補しているにしか過ぎない。
たぶん国政に関しても、民主党なら小沢の言いなり、自民党なら谷垣の言いなりにしかならないだろう。
まあ奴らにしてみれば、採決の時のボタン押し要員でしかないのはわかりきっているのだが、そのためだけに国税で養う気持ちはさらさら無いのだがなぁ。

しかし、そんな客寄せパンダに思いをはせる国民の民意の低さは、その立候補者以下の程度だというのは、十分理解している。

まあ有権者は国会議員より圧倒的に頭が悪いってことだ。

橋下知事が未だに80%もの支持を得ている大阪では、『吉本党』を作ったら一党独裁ができるだろううて(嘲笑)

自民党から立候補予定の『堀内』。たちあがれ日本の『中畑清』『杉村太蔵(ニート代表)』も似たようなものだろうが、大阪のお笑い攻勢には辟易だ。


それにしても谷亮子は、オリンピックを目指すと言っている。
オリンピックを目指している谷亮子には声援を送っていた。
あのストイックな姿勢に尊敬の念すら抱いていた。

しかし国家議員とオリンピックの二兎を追うってのは…どんなものかな?
国会議員のはオリンピック練習の片手間にできる代物だろうかね
本気で国政に出たいなら、選手生活を断念すべきだと思うのだがね(橋本聖子も言ってただろ)。
まあ、鳩山さんを見ていると、うなずける話だがな(嘲)


立候補者はここにあげた人物だけでないが、さらにこれからどんどんお笑い芸人やスポーツ関係者がどんどん立候補予定者に入ってくるだろう。
こんな時に『植木等』氏がいたら、総理大臣として推薦するのだがなぁ(自嘲)
posted by 諷太郎 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

もうメーデーを止めたらどう?

一時期と違い、5月1日がメーデーの日だというニュースがほとんど流れなくなった。
今年もさわりだけ流れ、後はほとんど渋滞と鳩山さんの話題ばかりだ。

そりゃそうだろうな…ってのが、素直な感想。

1700万人の非正規雇用者がいるとのことらしいが、今の若者を見ているとすべての者が正規雇用で働きたいと思っていないんじゃないかと思えてきたからだ。

ニュースを見ても、メーデー参加者は大半が年寄り…のように見える。
若い者も居るのだろうが、かなりレアな気がしてしまう。
自分の身の回りの人間を見ても、若い者はコツコツ働くよりFXでもやって、一気に儲けたいって奴が多いのだ。
そんな中で正規雇用者の権利を主張しても、なかなか虚しいモノがある。

自分たちが若い頃は「物を作るか人を作る」って気概で社会に出たモノだ。
コツコツ働いて初めて社会人としての責任を果たした気がしていた。
しかし今は自分の利益だけを考える者が、如何に多いのか。
まあどこぞの党の幹事長などを見ても分かるように、自分の儲け話には血眼になって国民のことなど考えもしない。
日本はそんな人物が動かしている国だから、そんな国民が増えても当然だろう。

と言うことは、今後メーデーはどんどん衰退し、労働者の権利などは自己責任の名の下に消え去っていくのだろうな。
寂しい限りだがね。
posted by 諷太郎 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

ありがとう

今日のニュースは入社式が多かった。
若い子がリクルートスーツに身を固め、凛々しく並んでいる様は今どきだと思うのだが、僕の入社時もあんなのだったのだろうか、もう覚えていないや。
何にせよ、初々しくて良い物だ。

しかし、長い間ここを開けていた。
別にニュースが無かった訳じゃないのだが、身辺整理に忙しくて描く暇がなかったのだ。

前置きはさておき、僕と話は昨日の事。
3月31日は退職辞令を貰ってきた。
いや別に、定年退職というわけではないのだが、永年勤めてきた所を退職したのだ。
定年退職をする人を含めて、20数名が会議室に呼ばれた。
入ると会長以下数名の幹部がずらりと整列していたが、一斉に迎えてくれたのだ。

辞令交付式の形態で名前が呼ばれる。
僕の番になったときに、会長が辞令を手渡しながら言ってくれたことは
『ありがとうございました』
だったのだ。

ご苦労様でした…くらいだろうな、と思っていた僕にとってはびっくりモノだった。
一人一人に手渡すときにかける言葉が「ありがとうございました」ってのは…良いじゃないか。

ああ、大切にされてきたんだって、感じが染み渡る。

今まで一言も言葉を交わしたことがない会長だが、最初で最後の言葉がこれってのは、ホント…嬉しいね。
他の美辞麗句をいくら並べられても、この言葉にゃ敵わないぜ。


「いやいや、こちらこそありがとうございました。ここで働いていたことを誇りに思って、これからもやっていきます。」
言葉には出していないが、そんな気持ちで後にした。

さてこれから………送迎会のオンパレードだぁ(笑)
posted by 諷太郎 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

白人どもの逆襲だ

トヨタ…大変なことになっていますね。

あおりを食らって、ホンダもリコール出しました。

しかし、同様の事(ブレーキのリコール)がプジョーでも起こっているのに、トヨタだけがアメリカあげての総たたき。
以前、日米で貿易摩擦が起きたときのアメリカの議員による日本車潰しを思い出します。

何にせよ、今回もかなり政治的なにおいがプンプン…臭いったりゃありゃしない。

まあ当然のこととして、当分この状態は続くでしょう。

しかしトヨタの肩を持つ訳じゃないが、トヨタにしてみればビック3が崩壊しかけたとき手をさしのべたのに「なんなんだ」という感情はあるでしょうね。
今回も、アメリカ国内の製品を使わなくてはならないという縛りのためにアメリカ製のブレーキを使ったがために起きたリコールです。
まあアメリカ人に、「恩」を感じろということ自体が無理な話なのです。

ましてや今回は、日本政府がまいた種。
普天間基地移転の先延ばしで『私を信じて…』などとふざけた言葉を言いながら、裏切った日本のトップに対する当てつけともいえるでしょう。
そうなるとアメリカ人の行動は、当然といえるかも。

ちゃんと『待て。お座り』と小浜君にいえなかった鳩ぽっぽの失策でしょうな。
当分このような状態が、日米間で起きても不思議ではないでしょう。


さて、『白人どもの逆襲』と銘打ったが、次は『マグロ』問題だ。
どうやらマグロが絶滅する危機にあると言うので、マグロを保護しようと言う案が出てきている。
その原因は、日本の『寿司』のようだ。

え???
って感じかな。
確かにマグロを食する習慣を大々的に広げたのは、寿司かもしれない。
sかし、今やヨーロッパや中国などで消費されるマグロの量は半端じゃないでしょ。
日本だけで8割の消費をしているなんて事は、遙か昔の夢物語だ。

しかしアホな白人どもは、コレを日本の所為にしている。
特に調子乗ってきたのが、ご存じシーシェパード
「日本のマグロ漁船をぶっつぶす」などと、気勢を上げているようだね。

まあシーシェパードは、たぐいまれなき強欲団体。
どうやら前回の捕鯨船襲撃の時に、通訳として日本人のイカレ女が乗船していたらしいが、考えてみりゃ僕だって1億円くらいくれたら乗船するな。
そのことにより、自国の文化が潰れようと知った事じゃない。
白人に尻尾を振りつつにじり寄っていくビッチの気持ちはよく判る。

なんて感心してないで、そんなこと一つ問題にならないでいるのは、平和な日本らしくて良いものだ。


まあ国内では、逮捕された議員ですら「しりません」で大きな顔をしているし、国の税金から渡された政治資金を自分名義の土地に変えても問題なしと言った風潮がまかり通っているご時世だ。
ここぞとばかりに白人どもは叩きにきても不思議ではないだろう。

そんときゃ、中国の1省にしてもらえば良いだろうて(自爆)
posted by 諷太郎 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

所信表明演説

昨日、たまたま鳩山総理の所信表明演説を見てしまった。
見るつもりはなかったのだが、なにげにTVを付けたら喋っていたのだ。
少々見て…???
まだまだ見て…????
かなり見て…?????????????

だから、何が言いたいんだ。

どうやら今回のテーマは「命」らしい。
「命」といえば、福田某というとぼけた首相が「人一人の命は地球より重い」などと信じられないような言葉を吐いていたが(いや、本当に吐きそうになる)、今回の「命」も、苦笑いの対象でしかない。


「命」とか「愛」とか言った言葉を、ここまで軽くしたのは、鳩山総理…貴方の実績です。

今日の新聞を読むと、鳩山総理はこの原稿を読み感動のあまり涙したという。
自分が読むべき演説の原稿を他人に書かせて(まあそれは良いんだが)それに涙するってのは、真っ当な精神を持っていて出来ることではない。
「命」と言った言葉を彼方此方にちりばめていればそれで事足りると思う無神経さと、身内の幹事長が犯罪に関わっているかもしれないときに取り調べる方を牽制すると言った言動は、単に自身に酔いしれているからだけなのかもしれない。

こんなたちの悪い酔っ払いに日本丸の舵を握らせてしまった国民は、遭難を覚悟して準備しておかなくてはならないかも。
posted by 諷太郎 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年

え〜〜

あけまして おめでとう ございます

いよいよ2010年が始まりました。
毎年思うことだが、「今年は頑張るぞ」ってな具合は正月ならではの気分だ。

しかし、今年は本当に変化の年(のはず…)。
まあ、少なくともフリーな時間が多く持てるようにしたいモノだ。

新しい年を迎えた時の気分を1年間持ち続けるのは難しいが、自分の環境が変わっていくと、時分自身のモチベーションも変わっていくのは当たり前と言うことで新年を迎えようと思う。

1年が終わった時に、『良い年だった』と思えるような年になりますように…と言うことで。
posted by 諷太郎 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

橋下知事の圧力で校長任命?!

橋下知事友達(橋下知事の同級生)の弁護士様が、大阪府立高等学校の民間人校長に応募した時、橋下知事の特別秘書である河崎が「知事の友人が応募する」と府の教育委員会に圧力をかけていたと言う報道があった。

見事その弁護士である中原徹は採用されたようだ。

知事の秘書による圧力が発覚した後、橋下知事は「応募は事前に知っていたが、やりとりは僕(橋下)を飛ばしてやっていた」と弁解。


お!!!
国政を担う鳩山や小沢、はたまた二階クラスの答弁が出来るようになったじゃないかぁ。

『私は知りませんでした。全部秘書がやりました』

この言葉が吐けるようになると、政治家として一人前だな。


また、その中原某もなかなかの人物だ。
え??
経歴じゃないよw
「弁護士と兼業が出来るのか?」と河崎秘書に尋ねているらしい。

『府立高校の校長など、弁護士業務の片手間にやればいいのだ』というスタンスだな。

できますよ〜(^^)
知事や校長やタレントくらいなら、弁護士の片手間に出来るのです。

まあ、まがいなりにも公務員だから兼業は出来ないけど、知事が認めれば出来るのだから、お友達の橋下知事は当然OK出すでしょう。

知事や校長など、所詮その程度の物です(嘲)
誰でも出来るし、仕事もないのです。


なんにせよ採用は決定したようで、これから何処かの府立高校に赴任することになるのだろうが…赴任先の高校の先生のテンションは、だだ下がりだろうな。

なんせ、橋下知事の権力を傘に採用された人物が校長として赴任するのだ。


『秘書がやりました。私に責任はありません』
橋下君は、中原がその高校で上手いこと出来なかったら、きっとこう言うんだろうな(溜め息)
posted by 諷太郎 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

流石、小沢大統領!!

いや、さすが総理大臣より偉い日本国大統領閣下。

その名も小沢一郎!!

なんせ鳩山総理を手足の如く操って日本の進路を決めていく。
言いにくいことは鳩山に言わせ、自分は悠々自適に凱旋旅行。

「何処に凱旋か」って??
そりゃ中国にでしょ(^^)

なんせご自身で『私は人民解放軍だ』とのこと。

そりゃ人民解放軍なら、胡錦濤の下に馳せ参じねばならぬだろうな
まあそこでは、胡錦濤様の嫌がる春暁ガス田の話しは出来ないしな。

しかしぞろぞろ付いていった民主党議員もバカだね。
いや…先見の明ありってところか(嘲)
中華人民共和国日本省になった時は、お偉いさんに成れるからナァ。

まあ冗談はさておき、国会議員の143人が、国会の仕事を放り出してのこのこ付いていくとは、国民も舐められたものだ。
ニュースでは楽しそうに物見遊山している姿が映し出されていたが、あれじゃまるでキャバ嬢の慰安旅行だ。


ついでに帰りは韓国でお楽しみ。
中国のシモベとしてはお決まりの『ゴメンなさい』発言。

まあそこまでは予想されていたのだが、その後、天皇陛下の訪韓外国人参政権を言いふらして帰国した。

まあ、日本は自分の思うようになるとでも思っているのだろう。

さらに留まることを知らずとはこの事で、中国の習近平国家副主席が訪日のさい、天皇陛下との面談を強要した。

やるねぇ〜〜〜


どっちにせよ、民主党は完全に『小沢党』に成り下がっているのだから、しかたないか。
なんせ「外国人参政権は民主党議員なら、反対するのはゆるさんぞ」と小沢大統領に言われたら、誰一人として反論出来ないんだものなぁ(嘲)

それもこれも、自民党が好き勝手なことをやってきたからなのだが、民主党の勘違いも甚だしい。
今回の選挙で、民主党政治が良いから民主党を選んだのではなく、自民党へのお灸を据える為に民主党を選んだ人が大半だと思う。
特に、この様な日本人としての根幹に関わるような事を平気で反古にし、中国韓国一辺倒の行動ばかり行っている状態では、日本の未来も期待出来ないだろうな。


では、最後に小沢一郎様のお言葉を頂きます。

小沢より胡錦濤様へ『中国に連れてきた国会議員は、日本の為ではなく小沢の為に命を投げ出すつもりです。
つまりは胡錦濤様のご意志のままに動く兵隊です。
何なりとお申し付け下さい』

小沢より胡錦濤様へ『いえいえ、決して中国の不利益になるような言動は致しません。
東シナ海の油田などどうぞ差し上げます。
尖閣諸島?…当然差し上げます。
沖ノ鳥島??…アレは中国様の仰せの通り岩ですから、領海権は放棄します。
当然、日本の知的財産権は全て中国様に寄与致しますので、ご自由にお使い下さい。』

小沢より日本国の愚民へ『外国人参政権は当たり前だろ。
朝鮮人や中国人に日本国の運命を委ねて何故悪い??
定住外国人だけでなく、日本に来た中国人と朝鮮人には全て参政権を与えても良いぐらいだ。
反対する奴らは反小沢として、北朝鮮にでも追放するぞ』

小沢より宮内庁へ『天皇が何故ワシの言うことを聞かないのだ。
ワシはコレだけ中国の為に努力しているのだぞ。たかが日王如きがワシに逆らうなどもってのほかだ。
国家副主席が来られたら、面会に行くのは当たり前だろ。
韓国に訪問して、土下座するのも当たり前だろ。
それに関して宮内庁がゴチャゴチャ言うな!!
言いたいなら、辞表を出せ。辞めてしまえ。
天皇は俺のシモベだ』

小沢より外務省へ『首相官邸には領主国である中国国旗を並べろ!!
え???
ウルグアイのバスケス大統領も訪日するから、ウルグアイの国旗はどうするかって???
馬鹿者!!
ウルグアイのようなチンケな国はどうでも良い。
中国様だけが大切なのだ』

↑ これらは全て、僕の妄想だからねw

しかし………僕も中国のハニートラップにかかりた〜〜い(^^)
posted by 諷太郎 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

鳩山総理はイスラム教に改宗せよ

さて…今日は『トラトラトラ』の日。

いや終戦記念日は大々的だが、開戦記念日は静かだな。
これが勝っていた戦争なら、今頃きっと提灯行列などやっているのだろう。

まあ冗談はさておき、日本が太平洋戦争に突入したのは当時の政治家が軍部のごり押しに負けた為。
その時代と今の時代を比べるわけではないが、政治家たるモノ、自身の信念に基づき行動するのは当然のことと思っていたが、どうやらそうでない輩が多いのには辟易。

我が国でも、総理大臣たるモノが周りの声に振り回され、身動き出来ない状態になっているのには諦めを通り越して苦笑いしか出来ない。


今日のニュースで、政府が09年度2次補正予算に盛り込む総額7.2兆円の経済対策を決定したと流れた。
それに伴って、赤字国債を過去最大の53兆円発行することになりそうだ。

これは取りも直さず、国民新党に配慮した結果でしかない。
また普天間移設問題も頓挫したままだが、これまた社民党に配慮した結果でしかない。

つまりは、国会大半を占める民主党の総意ではなく、十数名の勢力しかない者の意見を尊重している結果でしかないわけだ。

少数意見の尊重は意義としては認めるが、国政に置いて大多数の国民が影響を受ける政策を、少数意見だけを聞くので良いのだろうか。

何だか今の現状を見ていると、鳩山という優柔不断な金持ちのボンボンに、国民新子というシャキシャキした強欲女と、社民党子という夢みるバカ女と、米国オバ子という金持ちワガママ女が取り憑き、鳩山君はどの女を嫁にしたらよいか困っている構造が浮かんでしまった。

鳩山君の意識の中では日本国民子の存在は無く、その3人に振り回されているにしか過ぎないのだが、3人の誰かを選択することも出来ない鳩山君にとって出来ることはただ一つ。

イスラム教に改宗したら、3人の嫁を娶ることが出来ますよ(嘲)。
そうすれば、全ての問題が解決する。


では早速、鳩山君はドバイにでも行って、そこで改宗しなさい。
でもって…ドバイの高級マンションでも買い取り、ゆっくり余生でも送るのをお勧めするよ。
posted by 諷太郎 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。