2009年03月30日

千葉県知事に森田氏当選

千葉県の新知事として、森田健作氏が当選した。

2年前、宮崎県で東国原英夫氏(そのまんま東)。
1年前、大阪府で橋下徹氏。
でもって、今年は森田健作氏。

東京の石原健太郎氏、長野の田中康夫氏は物書きだったが、いよいよ日本もタレント知事の時代になったか(嘲)

考えてみれば、政党政治の崩壊が全てを物語っている。
自民党の凋落でもあり、民主党の相変わらずの愚鈍さに国民が『誰が知事になっても同じだな』と思わせるようになったって事だ。

たしかに、この未曾有の経済危機状態にバタバタしている国。
その国に振り回せれている都道府県。

ま、大阪府のように、アホな知事にかき回されているような所もあるが、府民自体がもっとアホだから気が付いてないから良いか(嘲)


何にせよ、政治は『知名度』だけになってしまった。
明石家さんまでも、何処ででも立候補したら、トップ当選だぜw

森田氏がどの程度の実力を発揮するかは分からないが、橋下知事のように他人を罵倒し、府をグチャグチャにして責任すら取ろうとしない人物であって欲しいと思うばかりである。
posted by 諷太郎 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

「笹川 堯」自民党総務会長の妄言 

ほとんど、何処のニュースにも取り上げられず、各新聞の片隅にちょっとだけ乗っていた記事に一言。

現在、政局の混乱ぶりは驚くほどのものものであるが、特に自民党の低迷ぶりには笑わせられる。

まあ総理大臣が漢字の読めない麻生さんだから、後は推して知るべしだな。
麻生総理以外のメンバーも、今後の日本を背負って立てる人材はまるでない。

まあ、若い連中には今後はあるが(太蔵クンは疑問だが)、なんせ自民党年寄り軍団の凋落ぶりには、恐ろしいものがある。

小泉元首相を含め、国民の事より自身の事しか考えない長老共には、辟易するしかないのが、情けない限りであろう(と言って、他党も酷すぎるが…)。


さて今回は、恐怖の失言男『笹川 堯』だ。

彼は今までも何度となく失言を繰り返してきた。
国会議員の資産公開で第1位となり、「庶民の気持ちが理解出来ないのでは?」と質問されると「そうでしょうなぁ」と、平気で答えられる男だから仕方ないか。

で今回は、大分市で開かれた党大分県連の大会にて教育問題を語る中で「今、うつ病で休業している先生がたくさんいらっしゃる。国会議員には1人もいない。そんな気が弱かったら務まりませんから」などとのたまわった。

はあ……
無知ほど恐ろしいモノはない。


こんな人間でも国会議員になれるのだから、日本は何て平和なんだ(嘲)

教師の平均寿命は64才という統計が出ている(大阪府総務課調査室発表)ほど、ストレスの高い職種にもかかわらずだよ。

そう言えば、国会議員は長寿者が多いな。
よほど美味しい目をしているのだろう。

まあ彼にとってこの程度の失言は、失言の内に入らないのだろう。
ましてや、今時日教組の影響が、どれほどあるのかも分からないのにね。

ホント…
日本は平和な国である。
posted by 諷太郎 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

小沢代表は辞めるべき57%

ああ…
こんな下らない事じゃなく、WBCの事でも書きたいよ。

コールドで韓国を下した日本代表!!
オリンピックのような中途半端じゃない世界大会で、ここまで見事にやってくれたのには感激だね。
特に渡辺のファンである僕としては、たった七球しか投げなかったが、あの見事なアンダースローが心をときめかせたぜ。

まあ前回同様、韓国とはまた対戦するだろうし、キューバ、ドミニカ、そしてちょっと本気なアメリカなどもうち負かして、第二回大会も優勝して欲しいモノだ。

って事で、日本がんばれ!!



さて、残念な事にWBCと異なり、情けない激戦をしているのが日本政局界。
麻生自爆でワンサイドゲームになると思っていたら、突然飛び出してきたのが小沢時限爆弾w。

しかし前回の記事でも書いたのだが、あの見事な『居直り』には恐れ入った。
案の定、事件に関する小沢氏の説明に対しては「納得できる」が12%、「納得できない」が79%との事(毎日新聞)。

ま、普通は納得なんて出来ないだろうな。

その為政党支持率でもリードしていた民主党だが、最終コーナーを曲がったところで自民党の追い上げが激しくなってきた。
と言っても、両馬とも足はもつれ息は切れ切れ、今にも馬場の露となりそうな状態だがな(笑)。


では最後の手段。
国民の事などどうでも良い国会議員にとって、与党死守は死活問題。
そこで自民公明党は最後の奇策を狙おうではないか。

直ちに解散総選挙を行い、大阪の橋下徹を総理大臣候補として衆議院議員に立候補させる(今なら、頭のおかしい大阪府民が80%以上もいるので、楽々当選だろうしな。反面、賢い東国原宮崎県知事は、出る気はないだろうしね)。
当選後、現与党で過半数を確保出来たら、橋下徹を首相任命する。
『敵は民主党、小沢にあり!』って、小泉劇場の再来だ。
国民は…喜ぶぞぉ〜♪


それに対して民主党は……………東京地検に対し小沢の逮捕を早めて貰うしかないのかも知れないな。
ま、僕は結構『前原 誠司』のファンだから彼を出しても良いけど、いっそのこと急きょ『石原 良純(親父の応援目当て)』を入党させて選挙の顔にするのも面白い(はい…冗談です)。

今回の選挙は国民への罰ゲームだ
どちらに転んでも、大半の国民は痛い目を見る。

「どうせオレ一人何を言っても変わらないじゃないか」とか「私、政治には無関心なんですぅ」とか「そんなの、わか〜〜んな〜ぃ」などしか言わなかった日本人にとって、良い罰になってくれればいいのかも知れない。

さてこれからの日本は、自分の利益だけ考えるのではなく、国の将来を見据える人物を選ぶ事が出来るか、大阪みたいに悪徳業者や食う事しか脳のない府民が闊歩するようになるのかは…非常に楽しみだ。
posted by 諷太郎 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

民主党の崩壊と小沢発言

昨今の自民党の迷走ぶりを、横目で見ながら『ああ、久しぶりに自民党の1党独裁政権(公明党のおまけ付き)の終演が見られるかぁ』と思っていたのだが……

突然出てきたのが、小沢民主党代表の献金要請事件

あまりに見事なタイミングには恐れ入るが、逆にこの事を上手に処理する事により、民主党のお株が上がったのにナァと思ったのは僕だけだろうか。

小沢代表はご存じの通り、自民党田中派でめきめきと頭角を現し、その後、新進党・自由党と渡り歩き、現在の民主党の代表として名を馳せている。
つまり、彼の基本は自民党田中派の時代と、ほとんど変わらない政略で生きてきた男だ。

そんな男だから、この様な事件が実在しても全く不思議ではない(兄貴分の金丸もそうだったなw)。


しかし問題なのが、それに対峙しなくてはならない民主党。

そもそも、党内は右から左まで、主義主張が全く異なる思想の持ち主の団体である民主党は、単なる『烏合の衆』
反面、自民党は『自分の権力維持の為には主義主張(元から無い奴の方が多いが)を捨ててまで鉄壁の団結力を示す』と言った心意気を持った集団。

勝ち目無いでしょ。

そうなると民主党がやらなくてはならない事は、『民主党は、清廉潔白な政党である(まるで共産党だなw)』を推し進めなくては、生き残る手だてはない。


だからこそ、この事件が発覚した時は、嘘でもいいから『私は秘書がやった事はしらなかったが、秘書管理の責任は自分にある。疑惑をかけられただけでも恥ずかしい事だ。だから代表を辞退して、新しい代表の下に次の総選挙を戦う』とでも言ってくれれば、お株が上がったと思うのだよ。

しかし残念な事に、所詮元自民党田中派の体質がどっぷり残る小沢さん
『不公正な国家権力の行使だ』と東京地検に噛みついた。

誰が信用する?

もし、国家権力の行使だとしたら、自身が田中元首相の下で舐めた辛酸についてどう説明する?

日本の政治の転換期にあっても、国の将来を憂うより自分自身の権力にしがみついている小沢を見ると、あと50年は日本の政治形態は変わらないだろうなと思わざるをえない

また、そんな小沢にたよるしかない民主党も、近い将来解体の憂き目にあうだろう。

なんにせよ、民主党は最悪の選択をした。
かといって、自民党の息が吹き返したわけではない。
まあアラブの大富豪が出した金粉入りのクソを喰らうか、ハリウッドの美人女優の出したクソを喰らうかの選択みたいなモンだろうな(嘲笑)

まあ今回の件で、どの政党が政権を握るか楽しみになってきた。
ただ、狂信的新興宗教団体のような社○党のような政党が出て気さえしなければヨシとするか(笑)。
posted by 諷太郎 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

2009年度大阪府予算案発表

遅ればせながら、2009年度の大阪府の予算案発表を見ての感想。

橋下知事にしてみれば「精いっぱいの積極性」…だそうだ。

確かに積極的ではある。
それが一方的であろうが何だろうが、今までの知事では出来なかったような事をしている事は確かだ。
弱者切り捨てを基本とした大胆なカットによって、黒字化を成し遂げた事がそれを物語っている。
ただ、それがどのような効力を生むのかの検証は全く成されていなけれどね。


以前大阪市がオリンピック誘致に明け暮れ、厖大でかつ不必要な税金をドブに捨てたいたように、首長の独りよがりが後の経済を圧迫する事だって有るのだ。
さらに弱者切り捨てによって、大阪のセーフティネットが外された結末はどうなるかは分からないがね。


それはさておき、今回発表された予算案をチラリと見た。

まず喜ばしいところ。
中小企業向けの経済対策費が8500億円入った事だ。
製造業関係ではたとえその会社が黒字であろうと、銀行が運転資金を貸し付けしてくれない事がある。
何も赤字だから倒産するばかりではない。
決算日まで現金が入らない事による黒字倒産をしたところもある。
そんな所に融資してくれるのなら、その様な店も生き延びるだろう。

また国の直轄事業に対する予算の減額を取り入れたところだ。
関空連絡橋に関してもダム関連事業に関しても「出さないぞ」の姿勢は評価出来る。

それが後の補正予算で出てきたら…大笑いだけどな。



でもって、「ふ〜〜ん」な所。
タミフル備蓄の為に9億円もの支出が予定されている。
たしか橋下知事は「タミフルは国がやるべきだ」って、言ってなかったっけ?

予算を付けたって事は、あの発言は単なる『府民に対するリップサービス』なのかな?
一度口に出した以上は、もう少ししつこく厚生省に働きかけるべきではなかったのだろうか。

まあ、『私(橋下)はこんな事も言ってますよ』と言う府民向けのパフォーマンスだったと言う事で、チャンチャン。



さて問題なのが教育関係。
教育関係の目玉が『運動場芝生化』!!
なんと2億7315万円もの予算をたてた。

そりゃ確かに橋下知事の公約でしたよ。

しかしね…
それって必然性が有るものなの?
それって緊急性が有るものなの?

それだけ有れば、生活かかっている大阪センチュリー交響楽団の減額した補助金と同じくらいでしょ。
1,2年待ってセンチュリーの方に回せなかったの?
夜間中学の補助などは1億円もいらなかったはずでしょ。

勉強する機会を奪われた人に対する補助よりも、芝生の方が大切と解釈して良いのだな。


それから「百ます計算」の為に4億9600万円だって?

まあワシは素人だから詳しい事は分からないが、「百ます計算」って、紙にますを書けばイイだけなのではないのか????
それって、紙代だけでそれだけするって事なのか?

何処かの教材を使うって言うのでは…胡散臭いですな
特に陰山英男が教育委員をやっているのに、その間連の教材を使用するのは…胡散臭いですな

そう言えばニンテンドーDSを使うなどと言っていたしね。
それとも、民間の塾講師を雇う為なのかな?


まあその他の教育関係などは笑うしか有りません(by読売新聞)
・小学生の体力向上の為、縄跳び・駅伝大会など開催・・・・120万円
・各市町村の小中学校で『挨拶運動』推進事業・・・・・・・500万円
・学科新設や進路指導充実など特色のある府立高作りを推進・100万円
・百舌鳥、古市古墳群の世界遺産登録推進・・・・・・・・・227万円

はい、感覚が分かりません(苦笑)


まあ、ちょいと見ただけなのでこのくらいにしておくが、これからどんどん目玉が飛び出る様なの出てくるだろう。
posted by 諷太郎 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

2次補正予算が成立

2008年度第2次補正予算が成立しましたね。
大もめにもめた定額給付金も、いよいよ通過と言うことで、万々歳ですな(嘲)

2兆円も税金を使って、自民公明党の支持を広げるなんて、さすが金儲けの上手な自民公明党。
どうせ、自分達の懐は痛くならないし、僕も含めて国民はお金を貰えたら嬉しいだろうし。
何年か後に借金の一部として国民生活を圧迫している頃は、議員の先生方は関係ないし…

いや〜〜、良かった良かったね(皮肉満開w)。


良かったと言えば、同時に通過した高速道路定額1000円。
こちらの方が僕としては問題だったと思うのだが…みんな関係ないのかね。

コレの為に予定されている税金は5000億円。
何げに多いだろ。
定額給付金の1/4だよ。

おまけに、この恩恵を受けるのはETCを付けた車だけ。
定額給付金のように、全員が恩恵を受けるのではない。
さらに、ETCを使うたびに525円が天下り団体に納付される。

例えば、高井戸から吹田まで普通車が普通に走ると10750円。
その中から525円が『道路システム高度化推進機構』に、自動的に振り込まれる。
当然『道路システム高度化推進機構』は国交省役人の天下り先だ。
それでもまだ10225円は道路公団に入るのだが、1000円にしたらどうなるって思う?

525円は天下り先に入り、道路公団は475円しかは入らない事になるんだよ。
そのツケは、今後の高速道路代金の値上げにも通じるだろうし、またまた税金からの補填になるかもしれないね。

要はどんな事があっても、天下り先は儲かるし、役人・議員は損はしないと言う仕組みになっているのだ。


何度も言うが、定額給付金は国民全員に行き渡り、国民全員の責任になる。
しかし「高速道路1000円」は、役人の懐を暖めるだけの、最悪な法だ。
ま…それに気が付かないのも、国民の責任だと言えばそうなるのだろう(嘲)
posted by 諷太郎 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

橋下知事、渡辺氏の誘いを断る

自民党を離党する意向を表明している渡辺喜美氏から新たな政治集団「国民会議」への参加を打診された橋下知事は、その誘いを断ったとのこと。

ふう〜〜〜ん、さすが言ってる事と行う事がバラバラの橋下知事様だ(嘲笑)

渡辺氏と言えば、霞が関解体や公務員改革、地方分権について、橋下知事と似たような考えを持っている人じゃなかったのかね。
その渡辺氏が、今の自民党や公明党の政権では、所詮バラマキ政策と借金王国日本しか作れないと思い、あえて離党し、自身を追いつめてまで国民に訴えようとしているのに、橋下知事は断るとはね…。

今まで、マスコミに対しては「地方から国を変えていく」などと、たいそうな事を言っていたが、「府の政治状況として自民党、公明党との関係もあるので、直ちに運動に乗っかることはできない」だとね(^^;)

おいおい…今更、何言ってるんだよ。

結局、自民公明党がいなきゃ何も出来ないって言ってるのと同じだろ(嘲)

「国を変える」と大口叩いてるんだから、渡辺氏に同調しろよ。
意見が違うならまだしも、地方分権など1つ見ても、同士だろ。
渡辺氏は自分の政治生命をかけて自民党を離党するのに、橋下知事は大樹にしがみついたままなのかねw

橋下知事の「改革」なんて所詮、その程度のモノだな。
自民公明党にしがみつきながら、バカな大阪府民を騙す為に国と対峙しているフリをし、結局小泉元首相が使った『劇場型政策手法』のみで権力を手中に収める。

騙される大阪府民は自業自得と言えようが、可哀想なのが郵政…じゃなかった、教育界。
でもまあ今回の渡辺氏の誘いを断った以上、間違っても「地方分権」とか「霞ヶ関との対峙」とか言わないで欲しいね。

どうやら今年も思い切り尻尾を振り、靴の裏でも舐めながら自民公明党に追従し、エセ保守ぶりを発揮する橋下知事を見られそうだ。


そうそう、本日衆院本会議での平成20年度第2次補正予算案の採決があったが、自民党の松浪健太氏が退席したらしいね。
水掛ヤクザの松浪 健四郎と違い、なかなかの男だ。

この補正予算が通過する事によって、2兆円ものバラマキが発生し、日本の子々孫々がその借金返済に奔走する事になるのだが…自民公明党にしてみれば…自分さえよけりゃそれでイイかぁ(笑)
posted by 諷太郎 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

財務省原案内示

麻生内閣で初めて編成された予算案が内示された。

色々言いたいことはあるのだが、今回は『景気回復重視』を選んだという事で、これからの予算決定までの流れを見せて貰おう。

しかし当然の事ながら、景気回復予算を組んだと言うことは、借金をしてまで経済にテコ入れをしようと言うことだ。
細かなところを見てみても、旧来型の公共事業増加による景気回復を目論んでいるのが見え見えだが…まあどうなる事やら。

で、もう一つ発表されたのが赤字国債の発行額が、4年ぶりに30兆円を超え、日本の借金合計額が、ついに800兆円を超えると言うことが確実になってきたと言うことだ。

800兆円の借金…国民一人670万円(赤ちゃん含む)の借金って事だな(^^;)
4人家族なら2700万くらいな程度だ…チョロいチョロい(笑)

さらに埋蔵金など取り崩し、今後の社会保障費に関しての不安を残したままのスタートになったようだ。


反面、以前からも言っているように、2兆円もの定額給付金や高速道路の1000円キャンペーンなど馬鹿げた政策も残ったままだ。

まあ民主党の小沢さんが言っていたが『まず、各省庁ありき』って感がしないでもないね。



しかし話はかわるが、この不景気で多量の失業者がでているにもかかわらず、円高のお陰で日本人観光客の海外旅行者が増えているようだね。
特にお隣、韓国には、昨年の1.5倍もの日本人観光客が訪問し、ブランドモノを買い漁っているとのこと。

……ふ〜〜ん。

米国型経済が日本に普及して以来、日本でも貧富の差が酷くなってきたと言ってはいたが、やはりこの時期に置いてもお金持ちはしっかり持ってるのだなぁ(感心感心)。

でもこんな時だからこそ、国産のモノを購入しようとは思わないのかねぇ?
海外旅行の方が安いのは分かるけど、国内旅行にして国内にお金を落とそうとは思わないのかねぇ。
まあ…思わないからこそ、金持ちになれるんだろうがナァ。


あっと、ぼやいてしまった…ってか、これは『ボヤキ』の場所だからまあいいかw。
posted by 諷太郎 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

いよいよ消費税アップか?

経済財政諮問会議で、2011年度の消費税率引き上げを明記した税制抜本改革の「中期プログラム」原案を提示した。

麻生総理は、2011年に消費税のアップを、再三公言してきたが、いよいよ動き始めたのか…って感じかな。

麻生総理の根本的なミスは『この景気は3年後には改善する』と言った見通しの甘さだ。
3年後に今回の世界的な恐慌が改善されているという保証は何処にもない。

確かに日本経済だけを見てみれば、この様な不況に陥る本質的な原因はない。
米国経済が少しでも回復基調になると、日本経済もそれに引きずられるように上昇するだろう。
いや…引きずられるのではなく、米国経済の見通しが立った段階で、日本も上昇するのは十分考えられる。

しかし、事は既に米国と日本だけの問題ではなくなっているのだ。

事ある事に『日本はバブル崩壊の修羅場を乗り越えてきた』などと脳天気な事を言っている政治家がいるが、その時は世界的な恐慌状態ではなかった。
現在は、『世界恐慌』と言っていい規模の状態なのだ。
日本単独で解消出来る規模のモノではない。

にもかかわらず3年後に消費税を上げたら、景気のさらなる悪化が予想されるのは、素人でも分かることだ。

2兆円もの定額給付金などを考えるような御仁だ。
世界経済の動向など理解出来る頭脳がないのは分かるけど、それにしても自分の世界しか知らなさすぎると、人心の離反は目に見えている。

大阪府の橋下知事に言わせると『漫画読みながらマスでもかいてろ』って言い方になるんだろうな(あ…橋下知事も同じ穴のムジナだった)。


バカな話しはさておいて、まともに考えよう。
麻生総理は社会保障費の大幅削減や、埋蔵金の切り崩しで乗り切れると思っているようだが、そんなモノでどうこうなる段階ではない。

平成21年度一般歳出を52兆円とし、初の50兆円を超える予算を編成しているが、問題は一般会計だけで事を済まそうとしていることだ。
ようやく道路特定財源などにも手が付けられたが、今回の様な規模の一般財源化では到底話しにならない。

道路だけでなく、前回挫折したたばこ税なども含み、特別会計の方からも大幅な導入が必要であろう。
また1000をも越える、独立行政法人・特殊法人・公社・公団などの整理も平行して行わなくてはならない。

それがやれるのは、今であって、それ以外にいつやるのだ。

『消費税アップ』は簡単に口に出せる。
しかしその効果を推察することなく口に出すべきモノではない。


麻生さん…最後の忠告だよ。
『漫画読みながらマスでもかいてろ!』
posted by 諷太郎 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

「たばこ税」増税見送り

タバコの増税が見送られたとのことだが、タバコの増税は麻生首相が社会保障財源確保の切り札として言いだした事じゃなかったのかな?

つまり、消費税の増税を先送りした事による財源確保の為、白羽の矢がタバコに向いたって事だ。

間違って貰ったら困るのは、僕は消費税の増税は反対だ。
現在使われている、特定財源を含む税制体系の抜本改正と、1000を越える天下り先の温床になっている独立行政法人・特殊法人・公社・公団などの徹底整理をおこない、その後の財政確保として消費税を上げるのならOKだ。

しかし不思議で仕方ないのが今回のタバコ税に関してだが、首相の発言が却下されるほどの「タバコ族議員」がいるんだなぁ。

タバコを吸っている奴も、吸わない奴も、万人が知っているように、タバコは『百害有って一益無し』の代物だ。
と言うか、タバコが原因の火災による損失や、タバコに誘引された健康被害による医療費の増大の方が、たばこ税収益より遙かに大きいことは先進諸国では周知の事実だ。

にもかかわらず、増税反対というのは、その議員は国家国民の事ではなく、自分自身の当落のことしか考えていないとしか言えない。
まあ、その選挙区の住民も『自分さえ儲ければ、日本国民の健康被害などどうでも良い』と考えているのだろうね。


第一、税金確保の為にタバコ税を口にすること自体が間違っている。
タバコは、『吸わせない為に税率を上げるべきなのだ』

タバコ農家の生活の為なら、転作を推し進めればよい。
その為の補助なら納得出来る。


どうしても「税金が欲しい、票も欲しい」と言うのなら、今話題の大麻でも栽培させりゃいいのだ。
JTで大麻を生産し、自動販売機で売ればいい。
そうすりゃ変なイラン人売人の一掃にもなるし、大麻税をたんまりかけてやれば税金も潤うだろ。

タバコと同じだよ。
大麻だって頭の狂った連中は、大金はたいて購入するだろ。
それによる犯罪の増加や経済効率の悪化は、国にしてみればどうって事無いみたいだからな。
少なくとも、国税の増加は間違いないだろうからね。


まあ馬鹿な話しはコレまでにして、未だに大麻に関する法改正をやろうともしない法務省や法務大臣、タバコ増税に関して何が何でも反対の議員共の様子を見ていれば、政治家は、今回の騒動は『政局』の為だけに心血を注いでいるようにしか見えない。

『政界再編』の言葉が聞かれるようになってきたが、社会党も崩壊したし、そろそろ自民党も…かな?


追伸:大麻販売のさい、箱の表紙には『コレは貴方の人生を確実に破滅へと導きますので、自己責任で使用してください』と、責任転嫁の言葉を書き込んでおくようにしたほうがいいよ。
じゃないとPL法に引っかかるよ(嘲笑)
posted by 諷太郎 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

大阪御堂筋、イルミネーション開始

昨夜より、御堂筋のイルミネーションが始まった。

昨年までおこなわれていた「御堂筋パレード」を中止し、橋下知事の大好きな「ライトアップ」変更したのだ。

確かに「御堂筋パレード」は、年々経済効果が薄れてきてはいた。
開催当初は50億円もの経済効果を生んだいたのだが、昨年はその半額25億円しか経済効果を出さなかったのは事実だ。

しかしそれは、橋下知事が言う『出場者だけが楽しんでいる。あんなの誰も楽しんでいない。そんなパレードに税金は出せない』と言うほどのモノであろうか?
ってか、なら25億円もの経済効果は誰が出したんだ??
つまりは経済効果減少の原因は、単に景気の悪化に寄るところも大きいじゃないの。

しかも、今年度予定されていた府の負担額は1億2千万円ほどだったな。
それに対し、橋下知事は当初10億円から20億円もの税金を導入し、御堂筋をライトアップしようとしていたのだ。
御堂筋ライトアップ計画では100億円もの支出を目論んでいたのだよ。
と言うことは、そうすれば経済効果は300億円〜500億円を想定していたのだな(爆笑)。

まあ、いくら支持層である自民公明党も、その様な馬鹿げた発想には付いていかなかったので、中止になったが、イルミネーションにかける橋下知事の固執は『部分的に』始まった。

それにかかる今年のライトアップの為の、費用は8千9百万円ほどかかるんじゃなかったかな(ゴメンなさい、うろ覚え)。
それも、たかだか70mの区間だけにだ(泣)

求められた費用かの2/3強の費用を使ってる以上、ライトアップによる経済効果は、最低でも20億円以上は出して欲しいモノだね。

このライトアップは2月末まで続けられた後、必ず第3者機関により経済効果を『検証』すべきだ。

教育問題も『全国テストの順位』といった、不確実な数字を上げて教育関係者を愚弄している以上、自分の言いだしたイルミネーションでの経済効果も、『金額』で公表しなくてはならない。
気が付けば、夜の灯りに引き寄せられた、不逞の輩のたまり場になっていたというオチで許されるべきものではない。

しかし橋下知事は、自分のやりたいことだけ押しつけるのが好きな人だ。
まるで裸の王様に電飾を付けた状態だ(苦笑)
posted by 諷太郎 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

橋下知事『勉強は塾でやらせろ』??

橋下知事が、大手進学塾「SAPIX(サピックス)」(東京)を、来年度にも府内の公立小中学校の学習指導に参入させる事と、民間人校長を採用する考えを示した。


これは絶対おかしいだろ。


まず第1に、教師の役割は何なのだ
日中に子供の相手をして面倒を見る事なのか?
親に変わって躾をすることか?

勉強を教える事だろ。

その本職を差し置いて、なぜ塾の教師に勉強を教えさせなくてはならないのだ。
橋下知事は全て塾の講師が、本職の学校の先生より教え方が上手いって考えてるのだな。
塾の講師は「勉強する為だけに、金を払って行っている」生徒を教えているだけだろ。
勉強がイヤでバタバタしている生徒は、クビに出来るだろ。

教師に本職の学習指導以外のやらなくてはならない事(例えば生活指導など)をたくさん作るから、教師が十分指導出来ないんだろ。


第2に、何故大手進学塾「SAPIX(サピックス)」(東京)なのだ。
百歩譲って、塾の講師を使うにしても、大阪の学習塾でないのは、何故だ?

『府税』を使って呼ぶんだろ
もしかして、わざわざ東京から『無償』で来てくれるのかな?

『無償』ならたいしたモンだ。
そうでないなら…かなり胡散臭い

府の教育予算を減しておいて、必要もない塾の講師を導入する為に府の税金を使うのって、本末転倒だ

「事務局はできない理由を挙げることしかしない…」とは橋下知事の言葉だが、知事はどんなにまともな事を言っても聞かないでしょ。
胡散臭い話しが入っていたら、なおさら聞かないだろうしね(憶測だよ〜)


第3に民間人の校長採用って、どうなんだ?
これは、国が平成12年に「学校教育法施行規則」を改正した時点で出来るようになった。
それに伴って、各都道府県で民間人の校長採用をおこなってきた(多分…全て高校だったと思うのだが)。
しかしその結果が十分検証なされていない(他県では自殺者も出ているでしょ)。
また、小中の義務教育段階では高校と違い、教科内容の自由度がほとんど無いのではないのか?

それに何を基準にして『民間人校長採用』をするのだ?
府下全部の小中学校か?

民間人であっても、その人の教育に対する運営能力判断は誰がするのだ?
まさか、民間人なら全員公務員より能力が高いだなんて思っていないだろうな。
それにもし、その採用した人物が能力がなかったら、橋下知事は責任を取るつもりなのか。
それとも『クソ教育委員会』の所為にするのかな。

この様に、何ら具体的な検証も政策もないのに、思いつき(今回は、プレーンの進言らしいが)だけでかき回されたら、現場もたまったものじゃないだろうな。


しかし、今のままでは橋下知事の思うツボだな。
人件費を大幅削減する→質の悪い教師が集まる→知事はこう言う『教師はクソだから、塾で生徒を勉強させる』→手進学塾「SAPIX(サピックス)」(東京)が、どんどん塾講師を送り込む→塾は儲かり、政治献金もガッポガポ(^▽^)
橋下さん、笑いが止まらないだろうなぁ



まあ、胡散臭い話しももう1つ。
『大戸川ダムについて、国土交通省からの圧力があった』との騒いでいる。
一見、橋下知事がダム反対に動いているような感覚だが、以前から書き込んでいるように、淀川水系4ダムについては是非反対すべきだと言っている。
今回は、その1つについて反対しているだけだ。

淀川水系4ダムについては、先日淀川水系流域委員会がダムの不必要性を提示したばかりだ
グ○ーン○ースのような環境テロリストならまだしも、真っ当な環境保全主義者ならダムが生態系を大きく狂わす事や、地震の原因になったり被害を増大させる事は、十分知っているだろう。
さらにダムを造るべき理由についても、国土交通省の言い分が二転三転しているのは知っているだろう。

でも、ダムを造らないと国土交通省は儲からない。
そこで考え出されたのが3勝1敗案
1つのダムを諦め、3つのダムを造る。
これで、両方の顔が立つ…って、ストーリーは如何でしょうかな?

その為に使われる府税は…推定不能(大戸川ダムを造るとしたら230億円の負担だそうだ。だから単純に3倍にしてね)。

自民公明党はウッハウハ(^▽^)
支持層固めて、橋下さん、笑いが止まらないだろうなぁ
posted by 諷太郎 at 08:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

国の無駄使い1253億円(@。@)

読売新聞(7日付)の夕刊、第1面を見てビックリ。

会計検査院報告によると、国や政府系機関の2007年度の無駄使いが1253億6011万円になると報告した。

想像つかん…(^^;)

どうしろって????
どのように使ったかって?????
誰が責任取ったって????????

まあ、良いじゃないですか。
この程度の金額無駄使いしたってね。

なんせ日本の国家予算は2008年度で83.1兆円有るんだからね。

おっと、忘れちゃならないのが特別会計もあるからね。
これが約178兆円。
それも一般会計とは別に設けられる、独立した経理管理が行なわれる会計だから、各省庁使い放題だし。

それとは別に、天下り先の温床になっている公益法人や独立法人では15兆円もの無駄金がつかわれている(らしい)事と比べたら、たかが1253億円なんか屁みたいなモンですねぇ。

特に政治に興味のない日本人にとっては、そんな細かな事は言わないでどんどん税金を払って、役人様に贅沢をして貰いましょう。


そう言えば、麻生総理が消費税の事を口にした。
多数の国民は「消費税アップは仕方ない」と思い始めている。

各省庁の無駄使いを止めることなく、消費税だけ上げる事を国民が認めるようになってきたんだなぁ…フウ〜(溜め息)
posted by 諷太郎 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

衆院選、年内見送りか?

いよいよ10月も最後の日…
って、全く関係ないのだが、昨日麻生総理大臣が記者会見をした。

僕もNHK6時のニュースを見ていたが…何を言ってるのか、わからん(^^;)
どうやら文字にして見なくては、なかなか理解出来ないタイプ(年かな?)なのかも知れないと、若干凹み気味。


日は開けて、改めて新聞を見る。
新聞の嬉しいのは読み返せる事だ。
と言う事で、じっくり読んでみた。

今回は麻生首相の首相表明という事だから、この件についてだけ書く。
本当は、この様な政策談義は民主党案と比較して見るのが一番だが、そこまで引っ張り出すと長くなるのでメンドクサイ(結局それかよ)。

さて本題。
最初に目に付いたのは『景気対策費として26兆9000億円』を追加景気対策費とすることだった。

問題は内容。
家計・社会保障・働く・地方・金融市場安定化・成長力強化の分野に別れるらしいが、個別に見ても今までの自民党政策から予想されるものが多かった。
特に目新しいものはないが、ある意味「堅実路線で来たな」と思うような代物だ。

ギリギリ60点…って、スッゲェ上から目線(^^;)


ただ、気になるのが幾ばくかの『目玉商品』。

まずは『定額給付金』
これで消費が増えるなどと考えるのは、浅はか以外の何ものでもない。
少なくともウチは、貯蓄に回します。
多分大多数の家庭がそうだろう。
なんせ一時しのぎの金を貰っても、その後の収入がどうなるか分からない状態なら、普通の人間はおいとくよね。

そりゃくれるものは嬉しいよ。
でもその為に国の借金を増やしたくはないなぁ。
ここは涙を呑んで、『必要ない』と言わせて貰おう。

次は『高速道路の料金値下げ』
コイツは2008年10月22日に「自民公明党のバラマキ開始」と題して書いたように、国民を馬鹿にしている。
高速道路に関わっている利権団体を一掃する事もなく値下げだけすると、結局は税金でつけが回ってくる。
高速道路に関わる利権団体を無くし、運営を純粋に民間会社に委託すると1/10の料金でも運営出来る。
それより、ただの国道扱いにしてくれても良い。
何にせよ、今のように国土交通省と族議員の為だけに、厖大な税金を搾り取られるのは大反対だ。


全体的には景気対策に重きを置いているのは理解出来る。
今日、日銀が金利値下げに踏み切った。
現状を鑑みれば、仕方ない事だろう。
しかし、その後ろに総選挙の影が見え隠れしている部分については…何ともし難い。

僕は、為政者はポピュリズムであってはならないと思っている。
だから橋下知事のような政治家モドキは尊敬出来ないし支持も出来ない。
今回の『定額給付金』や『高速道路の料金値下げ』は、百害有って一益なしだな。

政権交代を恐れて、アップアップしているようでは、先が見えたかも…
posted by 諷太郎 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

大阪府民に告ぐ!!

ごめんなさいm(_ _)m
本当に、ごめんなさい。
あまりに見事なご提案だったので、そのまま(おまけに、ご本人の了承もなく)勝手に貼り付けちゃいました。

「何がだって??」
前の記事に対して頂いた『さら』様からのコメントです。

特に最後の下りは、私などでは考えもつきませんでした。
お見事の限りです。

と言う事で、以下の文を一読有れ・・・・・・・・・・



いや〜家の経済状況も府の財政状況も何もかも学生の自己責任ですか。これで貧困・低学歴層の受け皿に軍隊が出てきたら、まんまアメリカのネオリベそのものなんですが、橋下支持者に言わせると「金が無いなら働け」「なに甘えた事をいってる」ですから、大阪府って公立高校の受験一つアウトになった位でろくな働き口もない社会に放り出すほど器の小さい社会である事を胸を張って言ってる様なもんなんですよね。

家の経済的状況がどうであれ、府の財政状況がどうであれ、もっと言えばどんなに勉強が出来なくても本人が望むならば、学習できる環境を整えなければならない立場にあるのが為政者である知事の役割であると思ってますし、一方、現状が義務教育だけではろくな就職先もなく高校進学率が90%を超えている状況と、高等教育体制を充実させ府域の人的リソースを確保することは大阪府にとって重要な政策でもあると思うんですが、知事にとって全ては切り捨てる対象に過ぎないんでしょう。

責任というならば、本人の行動に対する因果関係があるべきなんですが、強いて言うなら限りある器(公立高校)に入る事が出来なかった点だけであり、よほど望んで学習しなかったのならいざ知らず、府の財政難から助成金を減額して本人や家族に不利益を享受しなければならない様な因果では無いでしょう。

それに私立校が公共の教育財として供給しきれない分を補完している点で公共性を有しているわけで、これまでも助成してきた理由はここにあるんですから。椅子とりゲームにこぼれた罰としてはどうなんですかね。で、「文句があるなら日本から出てけ」と。

サービスの分配に有限性があるのは当然ですが、調整能力が無いのを棚に上げて、未成年の学生に自己責任を求めるならば、まずは自らの無能力さを詫びるべきでしょう。政治的判断とはいうものの一方で満額回答している道路とかとの扱いの差について疑問を呈されても回答してませんし。曰く「あなたが政治家になってやれ」ですから、これってディベート技術の悪用にしか見えないんですけど。

知事という立場は、貧乏だろうが馬鹿だろうが反橋下だろうが等しく幸せになれる様に執政する責任があって、それに見合った権力を与えられているんだろうと思います。で、幸せは主観ですから、助成金が減ってもそれに納得し、仮に高校に行かなくても就職や給与等の生活基盤に何の不安もなければ問題は顕在化しないわけですよ。

振り返って橋下知事になって大阪府の人って幸せになってるんですかね。行く先々で悶着があってドロドロした話ばかりが先行し、弱いところからの削減ばかりが実行される割に明るい成果なんてこれっぽっちもない様に感じるんですけど。支持基盤はマスコミ等を介した敵に対する憎悪の共有とバッシングばかりですし。私が大阪府民だったら、借金まみれのままでも充実したサービスをしてくれる知事の方が良いですけどね。進んで虐げられる趣味も無いですし。

ここまで上から感覚で執政するなら大阪府に義理立てして我慢する必要なんて無いと思いますね。強権で支配する根拠が選挙での勝利だとするならば、住民が次の選挙までに抵抗の意思としてできるのは、ふるさと納税で税金を大阪府に入れない事だけだと思うんですけどどうでしょうかね。5千円の負担で出来ますし、何より合法的です。困っても橋下知事の政治スタイルに対する自己責任ですから。

Posted by さら at 2008年10月27日 22:46


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と言う事で、全文を貼り付けさせて頂きました。

最後の部分もそうなのですが、頭の部分から『成る程』と思わせられるまとめ方には、恐れ入ります。
なんせ私は、つい感情的に書き込んでしまう事もあるので、なかなか理解して頂けないような事もあるものでして…(苦笑)

と言う事で、橋下知事の政策にご不満のお方は、『どうせ自分の首を絞めるなら…』のお覚悟で、この方法もアリかなと思います。
どうぞ、お試し有れ。

ちなみに、さら様…「ここはダメだよ」って、言わないで下さいねw

追記:さら様ご本人からOKのお返事頂きました♪♪
感謝致します。
しかし…これが切っ掛けで、癖になったりして(^^;)
posted by 諷太郎 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

橋下知事、涙の高校生と激論

テレビのニュースを見ていると、大阪府の橋下知事が現役高校生と対談をしているところを流していた。

「ほほぅ〜、またまた朝日新聞の悪口でも言ってるのかな?」と思いながら見ていると、これまたお見事。

私学助成の削減や府立高校の統廃合に反対する高校生に対して、「君たちは義務教育じゃないんだから、大人として扱う」から始まって、その後言いたい放題。

簡単に要約しよう。

生徒「中学時にイジメに遭い勉強出来なかったが、私学高校で受け入れて貰い中学の勉強から教えてもらっている」
橋下知事『君の努力が足らないから公立に行けなかったのだ』

生徒「母子家庭で母に経済的に負担をかけたくない」
橋下知事『君の努力が足らないから公立に行けなかったのだ』

生徒「学力的に公立に行けなかった」
橋下知事『君の努力が足らないから公立に行けなかったのだ』

生徒「公立に行きたい生徒全員が入学出来る定員ではない」
橋下知事『保護されるのは義務教育まで。高校からは壁が始まる。』
(つまりは、勉強も出来ず、お金もない人間は人生の敗北者だから高校など行く価値がないって事)

生徒「そこで倒れた子はどうなる」
橋下知事『最後は生活保護がある。』
(つまりは、そんな連中は働かなくても良い。税金で食わしてやる…って、そんな為に税金使うのか?)

う〜〜ん、なかなか良い討論会だった。
最後は女子学生も泣かしたらしいし(^^)
今のウチから『ワシに逆らうと、女子供も容赦しないぞ』ってアピってるわけだな。


大阪府の高校進学率と高校進学希望率は5%ほどの差がある。
つまり高校進学を希望していても、5%の中学卒業者は進路変更をしなくてはならなくなるのだ。
橋下知事の大きな間違いは、人間には能力の差があると言う事が理解できていないことだ(自分だけは有ると思っているのかもしれないがね)。

昔の日本のように、中学校卒業だけでも十分社会が受け入れてくれるのであるなら、彼の言うこともわからいではない。
しかし現在は「高校卒業」の条件が如何に重大な就職条件(職業選択の範囲が極端に狭まっていると言う事)になっているかは、一介の弁護士如きでは分からないだろうなぁ。


しかし何にせよ、最後の『生活保護』の下りは信じられない暴言だ
中学校卒業後の支援を一切断ち切って、生活出来なくなったら『生活保護がある』とは…

生活保護を受けいている人の中には、真っ当でない連中も居るが、大半の人は『自己の尊厳』を潰されながら受けている人が多い。
それがイヤで、路上生活をおくっている人もいるくらいだ。

ましてや生活保護は税金だぞ
誰が税金を払うんだ?

大阪の私学は高校進学者の3割を引き受けていると聞く。
その全員が金持ちの子弟ではないだろう。
そう言う連中の進路を潰しておいて、一手に生活保護で引き受けるってのも…橋下知事の政策かなw
posted by 諷太郎 at 20:43| Comment(5) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

自民公明党のバラマキ開始

最近気になったニュースを2つ。

1つ目は与党の緊急総合対策前倒しの高速道路料金引下について。

高速道路と言えば、民主党が「高速道路の無料化」を提案しているが、それに対抗して引き下げ案を出してきた。
与党曰く「民主党は無料化と言うが、その財源は何処から出るのだ?赤字国債でも出すのか」との事。
『ほほぉ〜、それもそうだな。与党の言うのが正しい』と思った貴方は、振り込め詐欺にかかりやすいタイプ(断言)。

まずこのブログでも以前から何度も指摘しているように、国土交通省の外郭団体を整理し民間に委託し、その天下り先を廃止し、談合を回避し、必要のない道路建設を凍結するだけで20兆円近い無駄金が余ってくる。
コレを高速道路無料化の後の道路整備金として活用すれば、何ら問題はない。

対して、与党の出している高速道路料金の割引は、皆さんちゃんと理解しているのかな?
『全ての利用者が割り引いて貰える』と思っている貴方は、還付金詐欺にかかりやすいタイプ(断言)。

この割引には色々な制約がある。
まずは当然ETCの利用者に限る。
このETCは無料になると廃止しなくてはならなくなるので、国土交通省としては間違ってもそんな事は出来ない。
何故かって?
だって、ETCを導入するだけで、天下り機関を4つも(5つだっけ?)作ったんだよ。

次に深夜割引の拡大は中型車以上限定(つまり、普通車は関係ない)。
最後に普通車の割引は大都市近郊区間を除き、100Km以内を2回までとなっている。
まあ、もっと詳しく知りたい人は自分で調べてね。

言いたい事は、この割引制度で恩恵を受ける者はほとんどいないって事だ。
要は、「高速道路料金の割引」と言うのは、あくまでも総選挙向けのパフォーマンスにしか過ぎない。


2つ目のニュースは減反農家に300億円の補助金を出すと言う事だ。

日本は米が余っている…と言い続けられている。
しかしついこの前だったね、事故米の処理について大騒ぎしたのは
その件については、未だに農林水産省の責任問題は何ら取られてもいないし、マスコミも飽きてしまったのか話題にすらならない。

農家はただ粛々と、春になると田植えをおこない、秋口になると穂を付けていない稲を刈り取り処分する。
それを横目に農林水産省は、どんな品質かも分からないような米を輸入し(この輸入機関や輸入米の検査機関にも天下り機関を作っている)、その輸入米の処分に困って三笠フーズと手を組んだ。

さらに、減反政策を実施しているにもかかわらず、農林水産省は諫早湾干拓事業で農地の開拓を進めているし…いやはや(^^;)

まあ、この様な事は今に始まった事ではないが、今回の300億円の補助金は「減反農家」に対してのみおこなわれると言う事だ。
農家の努力で転作をしてきた農家に対しては、何ら保証はない。

つまり『努力をしていない農家に補助金を出す』って事だな。

自民党にとって農家は重要な集票場所だ。
農民にとっても、自分が努力して金を稼ぐよりは、楽して補助金を貰った方がよい。
真面目に、そして真摯に農業を考えている農家は、自民党にとっては不必要なのだろう

この様に、次期総選挙に向けて、自民公明党の選挙の為のバラマキ政策がいよいよ発動した。

次期総選挙がいつになるかは分からないが、いかにも『どや!』と言ったバラマキがおこなわれる事に対して…さて、国民はどう食いつくか楽しみだ。
posted by 諷太郎 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

大阪橋下知事の愚行

今朝の朝刊1面の見出しを見て驚いた。
大阪府の橋下知事が、学力向上の為、30億円の基金を設立したとの事。

これだけ見ると、「ほほぅ〜、なかなか良いではないか」と思ったのだが、その内容を見ているとあまりの稚拙さに恐れ入った。

橋下知事と教育委員会との確執は今更言うまでも無いが、『クソ』呼ばわりした委員会に対して出してきた事が、小学生レベルの発案とは呆れる限りである。

以下は、橋下提案だがコレを検証してみよう。
◆『百ます計算』で基礎学力を徹底:
日本は以前より「読み書きそろばん」を主体としてきたが、足し算引き算だけで基礎学力が完成とは誰しもが思っていない。
基礎学力には分数、小数なども含まれ、図形の基本的理念なども入ってくる。
百ます計算が出来ない子をどうするのかが問題であって、百ます計算を導入すれば全てが上手く行くと思っている橋下知事の認識の甘さ(ってか、認識の無さ)には、ほとほと恐れ入る。

◆『よのなか科』の授業で応用力の向上:
これまた文科省の肝入りでおこなってきた「生活科」との違いをどうするつもりなのかね。
一度、一年間でイイから『よのなか科』の授業を橋下知事にやってみてもらいたいモノだ。
その上、その授業が全国学力テストにどのように反映出来たか評価してみては如何かなw

◆『ニンテンドーDS』で授業:
バッカじゃないの
ほんと…バカを通り越して、日本人をどうしたいわけ?
本来、人間の脳は文書を読む事によって、その文章から視覚的情景を構築させ、情緒的思考を高めていく訓練をするのだ。
ゲーム機はそのその視覚的部分が既に形成されている。
つまりは、DSを使う事により、脳の発達出来る部分を阻害していると考えられるだろう。
文章を読むなら本でイイ。
図形を動かすならPCでイイ。
何処をどうとっても、DSを使わなくてはならない理由など、何処にもない。
橋下知事が、ニンテンドーから多大な政治献金を貰っているなら、話しは別だがねw

◆生活習慣の改善に向け、保護者に冊子を配布:
これって…今までも各学校でイヤになるほどやってるだろ。
問題のある家庭には、家庭訪問も良くやっているはずだし…
『橋下知事じきじきの冊子であるから、心して拝読するように』って、冊子を配ったら、大阪府民は涙を流して読み、実行するとでも思っているの?
でもって、誰も読まなかったら、またまた『委員会がちゃんと説明しないからだ』とか『現場の教師が抵抗するからだ』とでも言うつもりなんだろうなぁ。

◆指導力不足教師への巡回指導の強化:
コレはわからいでもないが…誰が巡回するんだろう???
また指導力不足教師ってのは、誰が決めるの??
やはり、その現場の管理職だろうなぁ。
なら指導力不足管理職への巡回指導はどうするの???
やはり、各市町村の教育委員会だろうな。
でも、各教育委員会は『クソ教育委員会』だろ。
って事は、橋下知事が『クソ』と思っている教育委員会が『指導力不足』と認定した校長や教師は指導力不足じゃないって事だね。
と言う事で、現在不祥事などや指導力不足だと言われている教師を除いて、全て巡回指導の対象になるって事だ(笑)

◆民間人校長を公募:
これまたどっかでやってたね。
でもって、成功したって例は聞かない(自殺に追い込まれた校長はいたが…)。
公立学校の目的を、営利団体と考えるのならこの方法に賛成する
義務教育である小学校中学校も、営利団体として運営するというなら、コレでよい。
学校に税金の投入は必要ないし、教師の給与も生徒から徴収すればいい。
そうなれば、給食費滞納問題も解決するだろう。
金のない子供は、小学校にも行かないで丁稚奉公すればいいのだ。
出来の悪い生徒が学校に来なかったら、全国学力テストの平均点は、どんどん上がるぞw
さらにお得意の「夜スペ」で、生徒間の格差をガンガン広げればいい。
大阪府民の識字率は、80%もあれば良いんじゃないの(爆笑)

◆携帯電話は小中学校に持ち込ませない。学校内の規律の確立:
ほほぉ〜〜〜
今まで弁護士様がおこなってきた事はどうなるのかな??
弁護士様は『加害者だけの権利』と『少年だけの権利』を求めて奔走してきた。
そこには、「被害者の権利」や「少年によって被害を受けた人々の権利」などは徹底して無視されてきた。
学校内の規律を確立って…どうやるの?
具体的に教えてよ。

携帯持ってる生徒がいたら取り上げるの?
そこで抵抗されたら、どうするの?
無理矢理取り上げたら「暴力行為」で親から訴えられないの?
そうなると弁護士が儲かるから、それが目的なのかなぁww

まあ何にせよ、相変わらず橋下知事は『無知厚顔』である。
このような戯れ言に30億円もの税金を投入するくらいなら、府民税を軽減してくれた方がどれだけ嬉しいか…
posted by 諷太郎 at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

大阪府私立学校授業値上げ…らしい

大阪府の私学補助減額に対して、大阪府内の私立小中高学校132校と幼稚園101園が、来年度より授業料や保育料の値上げをおこなうと言っているらしい。

これも橋下知事のお陰だ

橋下知事は、以前の言動から分かる様に、私学は『お金持ち』の行く所だと思っている。
だから私学補助は必要ないと思っているのだろう。

ところが私学の現状はそんな単純なモノではない。
確かに金持ちが、より高度の教育を求めて私学に行かす場合もある。

しかし高校の場合など、公立に行けない者も私学で拾ってくれている場合もあるのだ。
その様な家庭では、経済的にも苦しい家庭が多く、少しでも安い学校を求めて苦しんでいる(なんせ、今の社会は中卒では仕事が無いからなぁ…)。

橋下知事に言わすと『そんなの勉強しないから悪いんだ』と言うんだろうが、人間の能力は個人差が大きいんだよ。
確かに勉強もせずに悪さばかりして学力がない者もいるが、真面目に勉強しても能力的に付いていけない者もいる。
そう言った者にも『お前はクソだから、学校行かずに働け』とでも言うのかね?

さらに幼稚園の場合は、より深刻だ。
公立の幼稚園の数はしれている(保育園に至っては更に厳しい状況だが、ここではとりあえず置いておく)。
幼稚園に行かせている保護者の家庭状況は、若い家庭が多いので、経済的にも裕福なところは少ないだろう。
そこにまともに負担がかかる。

『教育日本一』を目指している橋下知事にしてみれば、その『日本一』になるためには、『生活を犠牲にしても、府民が直接負担を増やさなくてはならない』と言っているのだね。
まあそれでも『止血の為だから良いではないか』と、大阪府民は答えるのだろうw
文句を言う奴は、橋下知事に対して反逆しているのと同じだぜ〜


話は変わって、30日の大阪府議会での話し。
『教育委員会はいらない。PTAは形骸化しているのでいらない』と公言していた橋下知事が、例によって、突然『撤回します』と前言を撤回した。良く言うと「君子豹変す」だな(でも本当は『朝令暮改』だが…)。

まあ、いつもの如く自分の言葉に重みも責任もないって事だ。

『PTAの皆さんは、一生懸命運動会を運営している』って言ったらしいが、PTAは運動会の為だけに有ると思っていること自体が、いかに橋下知事が教育に無知無関心なのかが見て取れる。
どれだけPTAが学校の為に動いているか、一度橋下知事の子供が通っている学校でPTA会長でも引き受けてみたらどうかね。
PTAの活動を1度たりとも参加した事もない奴が、グダグダ言うのがおかしいのだ。

まあPTAだけではない。
全国学力テストについての自民党議員の質問に対しての答えが呆れる。
『行政が取り組まなくてはならない。ただ、現場の教員が方針に従ってくれるか心配だ』って(絶句)
学力が上がった=橋下知事の指導力のお陰。
学力が上がらない=行政の取り組み不足。教師の造反。
って図式が出来上がってるじゃないの。
鼻から責任を取る気はない様だ…。

でもって、国への要望についての質問。
「国に要望すると、頻繁に言っているがその先どうなったか分からない(自民党)」に対し、『安易に言い過ぎたのは反省している。』だと(…脱力)
とりあえず『12月には状況を示していく』とも言っているらしいが、さすが『朝令暮改』の橋下知事の事だ。

どこまで信用出来る??

その前に衆議院の解散総選挙が有るだろ。
例によって『2万%ない』と宣ったみたいだが、知事選の時も『2万%ない』で出馬したから今回も分からないね。

もし出馬したら、12月なんて全く関係ないだろ。
福田元首相、中山元国交相のように、「や〜〜めた」と無責任に放り出す事も有るだろうね。

衆議院選挙に出馬したら、散々叩かれて嫌になってきている知事職も辞められるし、衆議院に当選したら今までとは違い、責任がないからお気楽に生活出来るし、当選しなくても『元大阪府知事』の肩書きでテレビ復帰も出来るだろう(ギャラも上がるだろうしね)。
まあ、これって…有りじゃない?


さて他にも色々質疑があったが、どの質問に対しても、返答は相変わらず抽象論だけ。
取り敢えず、ここで取り上げてどうこう言う様な内容は、なにもない。
まあ質問者が自民党議員だからなぁ。

何にせよ、本来の知事の仕事は多彩に渡る。
そしてどの分野にも精通していなくてはならない。
六法全書だけが頭の中に文字として入っているだけで、後はその場の感覚だけで喋っている人間には到底勤まらない(横山ノック元知事がいい例だ←芸人としてだけなら好きだったんだがなぁ)。

まあ『衆議院選挙で出馬する』と言ったふざけた事だけはしないでくれよ。
それこそ敵前逃亡…というか、それ以上の罪に該当するよ(でも、アホな大阪府民は支持するんだろうなぁ)。


最後に、今日、大阪府の教育委員を2名任命したそうだ。
知事は『今日から大阪府の教育は変わる』と豪語したらしいが…お手並み拝見といこう。

金は出さないが文句は言う。

罵倒はするが責任は取らない。


僕が今まで知っている各都道府県知事の中でも、卓越した偽善性を持つ知事の動向は…興味津々だ。
posted by 諷太郎 at 12:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

淀川水系流域委員会「ダム不必要」

国土交通省近畿地方整備局諮問機関「淀川水系流域委員会」が、4つのダム建設に対し『治水効果は限定的』と、ダム建設に対する反対を表明した

ここまでは中間発表から予想された事だ。
それに対して国はあくまでも建設を推進する為、建設計画案を公表している。

でもって、ここで問題になるのが各府県の知事の動向だ。
河川法では関係知事からの意見を聞く事を義務づけているとの事。

さて…国に媚びる橋下知事としては、どのような言い訳をして許可するのだろう?
いやいや、僕は反対して欲しいと思っているのだ。

国の役人は「治水工事」という言葉さえ出せば、国土交通省のボロ儲けだと思っていたのだろうが、真っ当な委員会が機能しちまったってわけだな。

国としては、あとは橋下さんにお願いするしかないね。
橋下知事の力技で他の知事を説得して貰おうと言うわけだ。

さて…どうするかな、橋下さん。
止血を考えると、今更ダムは無いだろう。
今まで彼が言ってきた事を考えると、間違ってもダムはないだろう。


しかし心配なのが、橋下知事は言葉の重みが全くない
いつでも手のひらを返した様に、平気で意見を変える。
常に相手の出方を見て、相手が弱いとなるとどんな無理難題でも押しつけ、強いと分かるとすぐさま媚びへつらう。
だから今回もどうなるかは分かったモンではない。


で、国土交通省と言えば中山大臣。
大臣就任直後から出るわ出るわ(^^;)
そりゃ、日教組関係の発言は本人の主義主張(今回は、良い悪いは言わないよ)だから色々だとは思うが、民族云々なんて事は事実誤認も甚だしい。
まあ、自分が大臣になっている意識がないんだろうな。
『私人』とか『公人』とか訳の分かんない事言ってるし…

それに対して橋下知事は『なかなか本質を付いているのではないか(日教組の件について)』とのコメント。
いや…これって、お仲間をかばってるの?

まあこんな調子だから、ダムについてはヒジョ〜〜〜に心配しているのだ。
無用なダムを国のお役人様を儲けさせる為に作り、税金をダダ流しって事にはならないだろうな。

まあ、これから見させて貰うよ。
どのような結論を出すのか…


追記:コレを投稿した直後、中山大臣辞任のニュースが耳に入った。
なんだ…結局辞めるんかい(^^;)
でもって日教組叩きを生涯の目標にするのかな?
日教組は既に死に体だぞ。
そんなの相手にする暇有ったら、役人共の利権撲滅に力を入れるか、嫁さんみたいに北朝鮮拉致被害者救済に力を入れろ。
まったく、下らない話しだ(憤慨)
posted by 諷太郎 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。