2008年06月05日

中国の本音・韓国の本音

四川大地震以降、中国は日本に対してかなりの配慮を見せてきた。

地震の救援隊を他国に先駆けて受け入れ(それでも受け入れの遅さは如何ともしがたいが…)、なおかつ活躍ぶりを大々的に報道していた事を思えば、胡 錦濤の日本に対する配慮が大きく感じられる。

「愛国無罪」を歌っている中国ネット上でも、日本に対する評価はかなり変化してきているようだが、やはり所詮共産党政権に扇動されたプロパガンダでしかないのであろう。
あまりに日本賞賛に行き過ぎたら、早速新華社通信「援助に感謝しても歴史は忘れるな」と歴史問題を持ち出した。

これはあくまでも、日本との外交関係を中国有利に働かせるためのカードとして歴史問題を手放す気はないと言ったメッセージである。

ただ、中国国内の事情も分からないでもない。
反日の狂信者であった江沢民の影響はいまだに大きく、江沢民の支持基盤である人民解放軍の存在意義は「抗日(と言っても、実際に銃を向けてたのは中国人民に対してだけだけど…)」しかない。

いくら実務を最優先している胡 錦濤としても、軍部の意向を無視する事は出来ない。
民主主義国家の軍隊とは異なり、中国人民解放軍は所詮馬賊の延長であり、自部隊の権利意識が最優先される。
いつ何時、中央政権に牙をむいても不思議ではないのが人民解放軍なのだ。
今回の新華社通信の記事も、その件をかなり配慮したモノと思われる。

それにしても残念だったのは、自衛隊機によるテント搬入を中止した事だ。
江沢民の徹底した反日教育に犯された中国人に未来はない事を、胡 錦濤は知っている。

胡 錦濤は日本とこの様な関係を続けるのは、実利にそぐわないと感じていたので四川大地震を切っ掛けに改善を図ろうとしているにもかかわらず、江沢民の亡霊は蠢いていたわけだ。
自衛隊機を飛ばした後に大々的に宣伝すれば、反日アレルギーの解消に役立っただろうと思われるのだが、日本のマスメディアが事前に宣伝しすぎたため、中国内の亡者どもが騒ぎ出したと考えるのが妥当だろう。
まあ、それらを調整出来なかった日本の外務省の能力の無さは、今に始まった事ではないけどね。


さてついでに…
本当に動でもよい事だからついででイイのだが、韓国の李大統領の件。
いよいよ支持率がガンガン落ちてきたね。
まあ現在の韓国の状況では誰が大統領になっても経済状況が改善するとは思えないのだが、この李大統領も他ではなかった。
見事に支持率が落ち…と言っても、韓国人は中国の属国を希望しているのであって韓国人の大統領など希望していないのだろう…支持率上昇の様子は見られない。
となると今までの大統領と同じパターンの繰り返しになる。

先月(先々月だったかな?)例によって李大統領の発言がおこなわれた。
「過去について執拗(しつよう)に言及しないと言った理由は、日本が加害者として自ら被害国に謝罪することを望む
だってさ。
まあこの件に関しては何を言っても無駄なので「やっぱりね。韓国は向こう1000年は変わらないだろうな」で終えておく。


何にせよお人好しの日本人は、そろそろ学習すべきだ。
中韓と対等な外交関係を構築するには、今の政治家や外務省に期待しては行けない。
日本人の対外的な感情(自虐思想)は、世界的には特殊な感情である。
そろそろ世界水準の外交努力をしても良いのではないかと思うのは、僕だけだろうか?
posted by 諷太郎 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。