2007年06月27日

従軍慰安婦偽造問題の行方

再認識した事…
米国人は、やっぱりバカだった。
と言うか、自分の事しか興味がないのが再認識出来た。

世界の中心はアメリカで、自分たちの基準以外は存在しないと言った考え方では、確かに米国人の思考は鯨より劣るだろう。

もう何の事かおわかりだね。
そう、米下院外交委が「慰安婦」決議を採択したのだ。

自分の頭で考えることなく…
自分の足で調べることなく…
目の前にいる年老いた売春婦の演技に、感極まったのだろうね。

そんな決議を採択するなら、日本でもやればいい。
東京大空襲で10万人の一般民間人を焼き殺した事。
広島で30万人の一般民間人を瞬時に焼き殺した事。
長崎で7万5千人の一般民間人を瞬時に焼き殺した事。

ベトナムやイラクなどの、その他の地でも無差別に一般民間人を殺略しまくった事を反省し、謝罪し、補償し、米国人を侮蔑する法案を日本で作って採択すればいい。

所詮、マイケル・ホンダは金欲しさだけの強欲な獣だ。
奴には良心も正義もない。

そんな奴に踊らされる、アメリカ議員の知能レベルは、たかがしれている。
…まあ日本は、その金欲・物欲に負けたのだがね


残念ながら、この法案は本会議でも採決されるだろう。
その時の、安倍内閣の対応が見物だ。
アメリカのみがグローバルスタンダードだと考える、バカどもに対して、どの様にあしらっていくのか見させて貰おう。

しかし、テレビに出ていた加藤紘一元幹事長の嬉しそうな顔…
君は中国の国会議員かな?

それに、河野洋平くん…
君のまいた日本撲滅の種は、着々と育っているようでよかったね。
posted by 諷太郎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。