2007年04月12日

温家宝首相、衆院で演説

来日中の温家宝首相が衆院で演説をした。

国会で中国首脳部の演説と言えば、江沢民の演説を思い出す。
しかし…江沢民の時は酷かったなぁ〜。
見事に上からモノを言い、日本と日本人を卑しめた。
無能なくせに中国国内で毛沢東と同じ扱いがされたかった江沢民としては、反日を前面に押し出す事によってしかトップに躍り出る事ができなかったのは分かるけどね(苦笑)

まあ、江沢民より明らかに頭の良い胡錦濤主席が政権を握ってからは、反日の押さえ込みを始めている。
ただ胡錦濤主席は別に日本が好きなわけではなく、江沢民のやり方を卑怯だとも考えていない。
チベットを平気で弾圧したように、日本に価値がないとわかると何をするかは分からない。
でも江沢民のように、何も考えずに叫きまわる馬鹿男と違い、どの様な言動が国家(中国)の利益になるかと理解している事は評価しよう。

その胡錦濤主席の意を受けて来日した温家宝首相の国会演説は、穏やかな表現だったらしい(僕は全部聞いたわけでないモノで…)。
歴史問題一つにしても婉曲な表現に終始し、明らかにこれからの経済関係を重点的な目標に掲げてきたようだ。

日本ではようやく企業もチャイナリスクの悪辣さに気が付き、海外進出の分散が始まった。
また中国としてはインドの台頭が怖くて仕方ない。
そんなこんなもあって、江沢民と同じ路線で突き進むと、日本とは明らかに経済関係も悪化するだろう。
それを避けるための判断として派遣された温家宝首相だ。
予想されたとは言え、この演説を元に中国の日本に対する対応の変化を期待する。

ただ、侮ってはならない。
何度も言うが、中国の外交戦略から見ると、日本の外交など赤子の手を捻るが如しだ。

日本国内向けには反日を撤回したように見せながら、米国では「従軍慰安婦問題」でロビー活動を行い議会を扇動し(韓国の資金だけでホンダ議員が動いてるんじゃないよ)、日本の議会にも二階・河野・橋本など下僕議員を中国のために動かしている。
まあ、見事な手法だね。

しかしこれからの日本の経済・治安・環境などを考えると、中国との友好関係無しには解決しない問題が多くある。
それは中国も同じで、お互いの利益のためにも真っ当な関係を築く事が大切だと思っている。

日中が真の意味での対等な関係を築くためには、日本の議員達がしっかりとした対応をして貰う事が必須となるだろう。

追記:
温首相が原稿の一部を読み落としをしたとのニュースが流れた。
それも「日本は戦後平和発展の道を選び、世界の主要な経済大国と重要な影響力を持つ国際社会の一員となりました。中国人民は日本人民が引き続きこの平和発展の道を歩んでいくことを支持します」と言った、日本が平和国家であると言った事を中国が認めた場面。

中国側は「単純なミス」と言っているが…そりゃないだろ(ププッ)

なんせこの演説は、中国国内で放送されているからなぁ。
日本を認めるような事を言っているのがわかったら、共産党の存在意義が認められなくなるモノなぁ。
それにまだ、江沢民の影響も残っているしね。

これこそ中国側の苦肉の策だろうね。
まあ…日本もこのくらいは大目に見てやれよ。
posted by 諷太郎 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。