2006年11月17日

韓国民に試されるトヨタ

面白い記事を見付けた。
「レクサスのカーナビには独島(本名:竹島)がない 」という朝鮮日報の記事だ。

要約すると、韓国で販売されているトヨタのレクサスには、竹島(韓国だけでの俗名:独島)の名前が入っていないと言うことだ。

どうやら韓国で販売されているカーナビには、俗名の独島の名前が記入されているらしい。
中にはわざわざ太極旗をマーキングしている製品も有ると言う。
にもかかわらず、トヨタのレクサスには、島名が記されていないことに反感を持ったらしい。

なるほどなぁ〜。
偏狭なナショナリズムだけが自分たちの存在理由を示している韓国人にとっては、車で行けない島であろうが何だろうが、なんであろうが難癖つけることが大切なんだなぁ…と変な感心をしてしまった。

でもこれはある意味み、見習わなくてはならない。
領土問題一つにしても、自分の小さな世界に閉じ籠もって満足している日本人では、これからどんどん攻め立てられ、竹島はおろか、北方四島、更に日本海でのガスや油と言った海洋資源や水産資源なども無くなっていくだろう。

今でも韓国が「日本海」の事を、韓国を中心として考えた「東海」に名前を変えようと、国を挙げて活動している。
残念なことにイギリスの一部の教科書出版社などで、追従しているところが出てきた。
このままでは世界中の地図から日本海が消え、竹島が消え、日本の文化伝統名も韓国名に変わっていくだろう。


さて、いつまでも憂ってばかりではしかたない。
記事では「速やかにカーナビを修正する」とトヨタが回答したという。
つまりちゃんと竹島と記入すると言うことなんだろうなぁ。

まさか天下のトヨタさんが、日本から作っていくカーナビに「独島」と書き込むような売国的な行為はしないだろうね

もし独島と書き込むようなら、我々は「トヨタは自分の金儲けのためなら、日本の領土も勝手に売り渡す精神を持っている」と判断して良いと言うわけですな。

少なくとも僕には、それを甘受するつもりは全くない。

追記
その後の記事で、この事件は一部韓国メディアの誤報と言うことが分かった。
で、分かったこと。
1)韓国メディアの報道を信じた僕がバカだった
考えてみれば、剣道だろうと柔道だろうと韓国が発祥の地だと言い張る連中の言うことを信じる方がおかしいのだ。
強く反省
2)次は、ここまで韓国では反日感情が強いということを再認識させられた。
これも反日の闘士である盧武鉉の努力の賜だな。
3)しかし気になるのは、トヨタだけに限らず韓国で販売している車には「独島」で記入されているという話は…納得いかないな。
posted by 諷太郎 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。