2006年08月17日

盧武鉉大統領の継続を望む

最近、中韓について色々思う事があるが、盧武鉉について自分なりに新しい認識が出てきた。

ご存じのように韓国現大統領の盧武鉉は、近年稀にない頭の悪い男だと思っていたのだが、最近なかなか「イイ奴」と思うようになってきたのだ。

いやいや間違っても、政治家として大した奴だとか隣人として好ましい奴だとか言うものではない。
日本にとっては、日本にいる親中韓の連中をはり倒すに充分な話題を提供してくれたと言う事だ。

戦後の日本はGHQの意図のもと、徹底して自虐史観を植え付けられてきた。
今でもその影響で、現実を見ることなく「平和・平和」と唱えていれば白馬の王子様が世界平和をもたらしてくれると思っている白雪姫が結構いる。
だから10年前なら小泉さんの話を聞く人は、半分もいなかっただろう。

そこに出現したのが、白馬の王子様(裸の王様かな?)の格好をした盧武鉉王様。

韓国人以外誰が見ても「変だなぁ」という政策。
韓国人以外誰が聞いても「可笑しいなぁ」と言う発言。
韓国人以外誰が接しても「無理だろそりゃ」と感じる外交。
盧武鉉が喋れば喋るだけ、韓国内以外の世界中から相手にされなくなっていく。

お陰で、迷っていた日本人の目を覚ましてもらった。

日本では盧武鉉政権が終われば、良好な関係が開始すると幻想を抱いている者がいるが、それは間違いだ。
現在でも韓国大手のメディアは、相変わらず虚報と欺瞞を垂れ流し続けている。
盧武鉉政権が潰れるのは韓国内の経済が停滞しているからであって、韓国民が盧武鉉の反日発言に嫌気がさしたからではない

徹底した反日教育を押し進め、小中華思想だけが生きる糧の韓国民には何かを期待する方が難しいだろう。

ならば盧武鉉が今後も大統領を続けた方が、日本にとっては有用であろう
出来る事なら盧武鉉が「いくら言っても分からない日本とは国交を断絶だぁ」と叫んで欲しい。

その時は、盧武鉉さん、アンタをもう一度見直すよ。

追記:今朝の読売に韓国が「A級戦犯を分祀したからと言って、靖国参拝は許さない」と言っているとのっていた。
う〜〜ん、次は何を言ってくれるのかな(ワクワク…)
posted by 諷太郎 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。