2010年11月02日

裁判員裁判の茶番

耳かき店員殺害事件で、裁判員による判決が出た。

無期懲役・・・との事。

何ら非のない2人の命を奪いながら、何年か後自由を奔放出来る判決だ。

「何人殺したら死刑になるの?」

遺族の声は届かなかったようだ。


しかしこれは「届かなかった」のではない。

何の覚悟も持たない一般人に「死刑」等という判断が出来るわけはない。

「一生懸命考えた・・」との事だが、考えたのは「自分(裁判員)の責任をいかに回避する事」かのようだ。

誰とて、自分自身の判断で他人の命を奪う事に抵抗があるのは分かり切っている。

だから今回のように、被害者の人権より裁判員自身の責任回避が優先される事になるのだろう。

そのような事は分かり切っていたのに、裁判員裁判を推進した連中は何を思うのだろう。

以前もここで記したように、「死刑反対論者」は高笑いをしているだろう。


裁判員制度は単なる大衆迎合主義である。

死刑判決すら出す覚悟もない、ご都合主義の一般人に務まる仕事ではない。

日本に徴兵制があり『国を守るためには敵を殺す』という覚悟が、国民の共通認識として有る場合は裁判員制度も有効だろう。


押尾学の裁判の時もそうだった。

ある裁判員の言葉が残っている。

「世間の人は事件の真実も知らないで、勝手な事を言っている・・・」だったかな。

よくぞまあ、これだけ無能で高飛車な発言が出たモノだと、その裁判員の知能程度を疑った。

事件の真実を知らせるのが裁判であり、その真実を元に判決を行うのが裁判員裁判だ。

被害者等の都合により全貌を明らかに出来ないなら、そのような発言をすることにより、世間を愚弄するべきではない。

所詮、裁判員制度はこの程度のものだ。


かつて「人の命は地球より重い」と言った、頭の狂った総理がいた。

どうやら日本人は、自分が責任を取る事を回避する術を、身につけてしまったようだ。


この耳かき店員殺人事件は、是非とも控訴することを切望する。
posted by 諷太郎 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。