2010年05月24日

大阪市議会補選、橋下新党勝利

23日(日)に行われた、大阪市福島区の補選において橋下知事が推し進める『大阪維新の会』がたてた候補者が当選した。

それも圧勝である。


ちなみに当選した広田和美氏は8491票。
以下、共産党の山田氏が4871票、自民党の太田氏が4296票、民主党の国本氏に至っては3325票という為体だ。

各新聞、ニュースでは「既存政党からの脱却」との論調が多かったが、大阪ではそんな話は通用しない。
そこまで考えている人間は、大阪にはいないからだ。

大阪においては、辻本みたいなのが当選する土壌が強い。
横山ノック氏でも二期当選を果たしたのだ。

大阪は、政治に対して何ら興味を持っていないし、興味を持とうともしない。

単純におもしろい輩や、人気のある芸人なら誰でも良いのだ。
今回も、橋下劇場に乗っ取って遊んでいるだけだ。

大阪府民のうち、何人が『大阪都』構想の内容を理解している?
99.99%の大阪府民は知らないし、興味もないだろう。


橋下知事が普天間の米軍基地を大阪で受け入れる話をしたときも、府民の誰もが無関心だった。
本来知事がそんなことを言ったなら大騒ぎになるだろうが、府民の反応は『また知事がおもろいこと言うてはるなぁ』で終了。
府民の政治的レベルはその程度のものだ。

今までの既存政党が良いとは思わない。
だからといって、ヒトラー並の(と言ってしまうと、ヒトラーに失礼かw)個人崇拝で政治が動くようでは、大阪も北朝鮮並みの民度だ。

まあ大阪はこれから、他府県から見ているとどんどん面白くなっていくだろう。
馬鹿な大阪人よ、栄光あれ!!
posted by 諷太郎 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。