2010年01月30日

所信表明演説

昨日、たまたま鳩山総理の所信表明演説を見てしまった。
見るつもりはなかったのだが、なにげにTVを付けたら喋っていたのだ。
少々見て…???
まだまだ見て…????
かなり見て…?????????????

だから、何が言いたいんだ。

どうやら今回のテーマは「命」らしい。
「命」といえば、福田某というとぼけた首相が「人一人の命は地球より重い」などと信じられないような言葉を吐いていたが(いや、本当に吐きそうになる)、今回の「命」も、苦笑いの対象でしかない。


「命」とか「愛」とか言った言葉を、ここまで軽くしたのは、鳩山総理…貴方の実績です。

今日の新聞を読むと、鳩山総理はこの原稿を読み感動のあまり涙したという。
自分が読むべき演説の原稿を他人に書かせて(まあそれは良いんだが)それに涙するってのは、真っ当な精神を持っていて出来ることではない。
「命」と言った言葉を彼方此方にちりばめていればそれで事足りると思う無神経さと、身内の幹事長が犯罪に関わっているかもしれないときに取り調べる方を牽制すると言った言動は、単に自身に酔いしれているからだけなのかもしれない。

こんなたちの悪い酔っ払いに日本丸の舵を握らせてしまった国民は、遭難を覚悟して準備しておかなくてはならないかも。
posted by 諷太郎 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。