2009年12月08日

鳩山総理はイスラム教に改宗せよ

さて…今日は『トラトラトラ』の日。

いや終戦記念日は大々的だが、開戦記念日は静かだな。
これが勝っていた戦争なら、今頃きっと提灯行列などやっているのだろう。

まあ冗談はさておき、日本が太平洋戦争に突入したのは当時の政治家が軍部のごり押しに負けた為。
その時代と今の時代を比べるわけではないが、政治家たるモノ、自身の信念に基づき行動するのは当然のことと思っていたが、どうやらそうでない輩が多いのには辟易。

我が国でも、総理大臣たるモノが周りの声に振り回され、身動き出来ない状態になっているのには諦めを通り越して苦笑いしか出来ない。


今日のニュースで、政府が09年度2次補正予算に盛り込む総額7.2兆円の経済対策を決定したと流れた。
それに伴って、赤字国債を過去最大の53兆円発行することになりそうだ。

これは取りも直さず、国民新党に配慮した結果でしかない。
また普天間移設問題も頓挫したままだが、これまた社民党に配慮した結果でしかない。

つまりは、国会大半を占める民主党の総意ではなく、十数名の勢力しかない者の意見を尊重している結果でしかないわけだ。

少数意見の尊重は意義としては認めるが、国政に置いて大多数の国民が影響を受ける政策を、少数意見だけを聞くので良いのだろうか。

何だか今の現状を見ていると、鳩山という優柔不断な金持ちのボンボンに、国民新子というシャキシャキした強欲女と、社民党子という夢みるバカ女と、米国オバ子という金持ちワガママ女が取り憑き、鳩山君はどの女を嫁にしたらよいか困っている構造が浮かんでしまった。

鳩山君の意識の中では日本国民子の存在は無く、その3人に振り回されているにしか過ぎないのだが、3人の誰かを選択することも出来ない鳩山君にとって出来ることはただ一つ。

イスラム教に改宗したら、3人の嫁を娶ることが出来ますよ(嘲)。
そうすれば、全ての問題が解決する。


では早速、鳩山君はドバイにでも行って、そこで改宗しなさい。
でもって…ドバイの高級マンションでも買い取り、ゆっくり余生でも送るのをお勧めするよ。
posted by 諷太郎 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。