2009年11月17日

「事業仕分け」で無くなるもの

現在「事業仕分け」で大忙しのようだが、少しばかりのショックがあった。

それはスーパーコンピューター開発への資金凍結、バイオソース事業への資金縮小、GXロケットエンジン開発への資金廃止の所だ。

そりゃね…確かに目先の利益にはなりませんよ。

なんせ教育や科学技術は票にならないってのは周知の事実だからね(嘲)

でもねぇ…
資源のない技術立国でしかやっていけない日本において、先端技術の開発を、民間だけでやっていく事は命取りになるのが分からないのでしょうかね。

現に中国など、国を挙げて技術開発に取り組んでいるでしょ。
先日も、韓国のEV技術を盗んだというニュースが出ていたように、最先端技術に対しては貪欲なのが当たり前なのですよ。

民間の資金だけでは、到底太刀打ち出来ない時代が来るでしょうに。

ましてや日本は高齢社会になる予定です。
それでなくとも資源のない日本はどうなるのでしょうね。

にもかかわらずアホで有名な橋下大阪府知事などは
『日本の人口は6000万人程でいいんだよ』
『大学はハデでなきゃダメだ。だから技術系の大学(府大)はいらねえよ』

などと言っているのですよ。
そんな中で、どれだけの技術力が確保されると思っているのでしょうかね。

そりゃ、宇宙研究開発機構(独立法人)に天下っている奴がいるなら、それを禁止すれば良いが、「需要や国際競争力を見込めず…」なんて馬鹿なことを言っているのでは、お先真っ暗ですな。

需要や国際競争力を維持する為に必要なんだとは思わないのでしょうか?

国の将来を考えるべく作られた国家戦略室は何しているのでしょうかね。
管さんはお昼寝中かな(笑)


まあ、事業仕分け自体は反対ではない
ただ、子供手当など全く意味のないバラマキをする為に、日本の将来を潰すような制作を打つのが理解出来ないだけだ。


なんにせよ………無知ほど怖いものはありませんな。
自分が必要か必要でないかの狭い基準でしか判断出来ない連中には、ただの無駄金なんでしょうがね(嘲)
posted by 諷太郎 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。