2009年11月05日

東京モーターショー入場者半減

今年の東京モーターショーの入場者が、前回の半分にもならず61万4400人だったと発表された。

ホンダに続きトヨタのF1撤退や、ブリジストンの撤退など考えると、寂しい限りである。

入場者激減の原因として昨秋以降の景気悪化を受け、主要海外勢が軒並み参加を見送り、海外乗用車メーカーの参加は3社にとどまった事をあげていたが、僕の方はそう思わない。

確かに海外企業の参入が無かったことは確かだが、それにも増して今回のショーのテーマが「環境」だったからじゃないのかな。

環境問題は大切だから、その為にハイブリットカーやEVの展示も多かった。
でもそれって…夢を見に行くことになるのだろうか。

人間って愚かなもので、常に夢を見続けている。
より早く、より高く、より強く…だな。

まあオリンピック同様、夢に向けて努力しているのだが、これが環境が全面に来るようでは「現実」に負けているような気がしてしまうのだ。


良いではないか。
1000馬力を越えるモンスターマシンがずらりと並んでも。
1億円を超えるマシンが展示されても。

それを見て『いずれは俺も手に入れたいナァ』と思いつつ帰宅するのがモーターショーの醍醐味だ。

チマチマしたEVを見せられて、「ああ、次買う時はこれになるかな」なんて、わざわざ金を払って見に行くようなものじゃない。


F1だってそうだよな。
変に色々規制するものだから、気が付けば市販車より劣ったシステムを使って走ることになる。
ハイブリッドF1が有ってもいいではないか。
アクティブサスのF1が有ってもいいじゃないか。
市販車に先行して、新しい技術を取り入れることの方が、F1らしいと思うのは僕だけだろうか。

そうでないのならインディカーのように、エンジンもシャーシも同じものを使えばよい。


このご時世だからこそ、自動車産業も『ムダ』を展示して欲しかったね。
モノコックだけでも良い。
時速400Kmを越える夢を見させて欲しい。


と言いつつ………最も残念なのがコンパニオンの人数が減ったってのが原因だったりして(苦笑)
posted by 諷太郎 at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてm(__)m

私も賛成します。モーターショー行きました
が、お客さんが群がっているのは「レクサスのLFA」であり「GTR」でした。人々はそこに夢を見に行くのであり浮世離れした空間であっていいと思います。そして帰りは電気自動車やKカーで帰る。それでいいじゃないですかね。F1にしてもそうでしょう?あのスピードと甲高いサウンド(うるさい人も居るでしょうが)に人は魅せられてしまうにはないでしょうか?トヨタには厳しいかもしれませんが、はっきり申し上げてアメリカに偏り過ぎた経営ミスが大きかったと個人的には思います。トヨタもやはり人の子だったに過ぎないかと・・(私、F1大好き日本びいきなので残念で仕方ないのですが)
勝手な意見で申し訳ありません。
Posted by 埼玉の飯野  at 2009年11月05日 11:39
埼玉の飯野さん、コメント有り難うございます。

そうなのですよねぇ。
僕の方もF1は葉巻時代からの憧れでした。
他にもCカーレースなど見に行ってはワクワクしながら帰宅したものでした。

どんどんエコカーばかりが話題になっていくのも時代の流れと言えば仕方ないと思うのですが、せめてモーターショーには「カッコイイ」車を出して欲しいものです。

あとは光岡自動車の「オロチ」に、ブガッティ・ヴェイロンのエンジンでも積んで貰いましょうか(笑)
Posted by 諷太郎 at 2009年11月08日 15:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。