2009年09月04日

小沢って、そんなに力があるの?

民主党の圧勝以来、民主党内では政権のあり方について色々と問われているようだが、いよいよ小沢一郎代表代行が党幹事長として就任することになった。

そこで問い質されているのが小沢の力量だ。
「デストロイャー」の名称で、今まで散々ぶっ壊してきた。
確かにその手法は破壊的であり、独断的であり、密室的である。

しかし新しい政権が発足して、右も左も分からない状態のウチから「院政」や「権力の2分化」を危惧しているようだが、それほど小沢は力があるのだろうか?


今回の選挙で民主党が圧勝したのは小沢の力だと思ったら、大間違いだ。

彼の取った手法は、彼の小泉が取った手法と同じで、単純に国民の風に乗っただけで、「小沢民主党を選びたくて選んだのではなく、今までの自民党政治に嫌気がさしたから」にすぎない。

特に『小沢チルドレン』と呼ばれている者は自覚して欲しい。
小沢のお陰で当選したわけではない。
国民の力で当選したって事だ。


今までの自民党と同じ、密室政治を民主党が行うようでは、国民はすぐにでも民主党を見放すだろう。
民主党に科せられた使命は「高速道路の無料化」なんかじゃない。
国民の税金が、どのように使われているのか?
国策がどのように決定されているのか?
官僚の無駄な行政を廃止できるのか?
と言った、単純かつ明瞭な問題だ。

出来ないことは「こういう理由で出来なかった」と言って欲しいし、「この政策はこういう過程で作られた」と言って欲しいだけだ。
そうすれば「院政」だの「2極化」だの心配する必要など無くなる。

まあ、半年間は様子見だろう。
その間にどれだけ明瞭な政治が出来るのかが、勝負になってくると思う。
posted by 諷太郎 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。