2009年08月31日

衆院選、民主党圧勝

世間一般の方の予想通り、今回の衆院選は民主党の圧勝で終わった。
自民・公明党の惨敗ぶりは『哀れ』を通り越して爽快な気分にすらなる。

この選挙に10億円以上モノ資金を投入した「幸福実現党」は、党首の当選すら叶わなかったが…まあ、どうでも良いことだろう。

さて、問題はいよいよこれからだ。

国民は民主党に期待したのではなく、自民公明党の政治に嫌気がさしたから民主党に入れたのは確かだ。

今までの(と言っても、バブル前のことまでだが…)高度成長時代なら自民党主体の政治で良かった。
しかし世界経済は急落し、日本国内でも少子高齢化が進み今後の発展すら望めない時代に、今まで通りの土建屋政治に胡座をかいてきた自民公明党の政治手法に鉄槌を喰らわしたって事だな。

その兆候は、かなり前から来ていた。
にもかかわらず、自民公明党は方針を変えることなく居座り続け、国民はどんどん政治に興味を持たなくなっていた。
しかし、それを打破することが出来ると知らしめたのが「小泉劇場」だ。

小泉元総理が起こした『風』は、国民の力で政局を変えることが出来ると実感させたことだ。
そしてその風は参院選で吹き、今回の衆院選でも吹いた。
そういった意味に置いてのみ、小泉元総理の功績は有るだろう。


いよいよ民主党の政策力が試される時だ。
どのような政策がなされるかは分からないが、この『風』の力を充分身に染みている民主党は、少なからずとも現実路線に方向転換しなくてはならないだろう。

ただ、空想世界に住んでいる社民党がどう出るかだな。
社民党の扱い1つで、自民公明党にボーナスポイントがつくやもしれない。
それでなくとも、本質的にはバラバラの民主党だ。
内閣を作る段階でもかなりの苦労が見て取れるが、何事もまず最初は手探り状態だから、この後の4年間を国民はしっかりと見ていかなくてはならないだろう。
posted by 諷太郎 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。