2009年08月13日

衆院選の目玉??

いよいよ衆院選も本格的になってきました。
此方のような田舎にも、各政党の宣伝カーが走り出しています。

そう言えば「幸福実現党」の宣伝カーが来た時は、流石にビックリ!!
お前ら、そこまで金持ってるのかぁ〜って、思ったのだ。

まあ実際、宗教法人にゃ税金関係ないからな(^^;)
公明党でも、宗教関係でガボガボ稼いで政党関係でガツガツ稼いでいるだろうし…。
幸福実現党も、色気を出して不思議ではないな。

ってか…宗教法人からも、税金取れよ。

と言うと、要らぬ所からサリンでも撒かれちゃ大変だから、以上の事は冗談として…


さて、本題はこちら。
各党からマニフェストなるモノが出てきたが、空想物語のような事が満開だ。
2大政党に限ると、方や「責任力」、方や「無駄根絶」。

まあ自民党が、今更「責任力」と言っても、ここまでバラマキ政策をやって膨大な借金を作ってきた以上、責任力があるとは思わない。
また民主党も、内政には共感するモノもあるが、外政的にはかなりの不安が残る。

しかし、その中で特に気になるのが「地方分権・道州制」の項目だ。

これは、タレントの橋下が言いだして(その裏には「堺屋太一」の存在が見え見えだが…)それに乗っかって打ち上げているだけだが、実際地方分権はまだしも、『道州制』となると如何なモノだろう。

国民の中で、どの程度の人間が『道州制』について理解しているのか??
まあ…99%(?)の人は、道州制など理解出来ていないのではないだろうか。

当然、国会議員の中にも知らない奴は多くいるだろう。

今回の党首討論会の中でも『道州制』について具体的な話しなど一切出されていない。
人気タレントが『道州制』と言ったから、「とりあえず、マニフェストに書いておきましょう」てな感じだろうな。

つまり、酒井法子が逮捕されたから『碧いうさぎ』のダウンロードが増えたりCDの値段が高騰するといった、馬鹿馬鹿しい現状と同じなわけだ。

『道州制』に反対しているのが共産党だけと言った情けない現状では、この国はやはり幼稚化しているとしか考えられないだろう。

ちなみに、共産党が国政を担うことになるのも…恐ろしい話しだがね(共産党はスパイスであって、メインディッシュではない…苦笑)。
posted by 諷太郎 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東国原知事、酒井容疑者に「罪償い反省を」
Excerpt: 東国原知事、酒井容疑者に「罪償い反省を」 宮崎県の東国原英夫知事(51)は14日、都内の日本外国特派員協会で、外国人記者から...
Weblog: 芸能ニュースの時間
Tracked: 2009-08-15 12:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。