2009年06月26日

東国原英夫知事の発言って??

宮崎県知事の東国原英夫知事が、古賀氏に衆議院選挙出馬の依頼を受けたことに対して「総裁候補にしてくれるなら…」と応えた。
思わず笑ってしまったが、政治家を目指す者なら誰しもが思うことだろうし、チャンスが有れば食いつくのも当然だろう。

しかし、しょうもないニュースを見てしまった。

その発言に対して小渕優子少子化担当相が不快感を示したそうだ。

そりゃ小渕優子少子化担当相のオヤジは、首相時に過労で死んじまったよ。
しかし、その後を継いだ本人は政治にはズブの素人で、『これから勉強します』なんてイケしゃあしゃあと言ってたじゃないか。
単にオヤジが首相だからと言って国会議員になれる程度の国だよ。

別段、東国原英夫知事の肩を持つつもりはないが、そんな輩に『総裁は命をかけるもの』なんて言う権利はないだろな。
それこそ笑止だ。

まあ確かに知事の発言はインパクトのある発言だ。
しかし所詮、子供を産んだからって大臣になれるご時世だ。
その程度の政党の総裁なら、その程度の発言を受け入れて良いんじゃないの?

結局は我が身可愛さだけで発言する輩の多いことだって訳だな。
橋下さんも然りだが(笑)
posted by 諷太郎 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。