2009年04月24日

草なぎ君事件も良いけれど…

どのTVニュースを見ても、草なぎ剛(SMAP)君が公然わいせつ罪で逮捕された事件ばかり扱っていたが、それがニュースのトップに来るってのは、いかに日本が平和だって事だねぇ。

僕には気になるニュースが他にある。

それは中国外国メーカーに情報技術製品の中核情報開示を強制する制度を発足させる事になった事だ。

日本では軽く流されているが、IT関連情報の開示と言う事はどういう事か分かっているのかな。
日本技術の生命線であるIT情報を公開しなければ、中国では製品が売れないと言う事だ。

しかし、中国はそれだけで終わるわけはないだろう。
その情報を分析する事により、中国IT関連の強化に繋がる事は当然の事だ。

そうなると、日本だけでなく西側諸国の技術的優位性が吹っ飛ぶ。
それでなくてもそれが軍事的に利用されるような事にでもなれば、恐怖以外の何ものでもない。

平和ボケした日本人は「金さえ貰えば良い」などと考える輩が増えている。

今、金が儲かっても、その技術は流用され、同様の技術が中国で作られるようになるとその会社は中国市場から放り出されるのは馬鹿でも分かる。

目先の利益に走っても、最後は自分の首を絞めるだけだ。

さて…日本の企業はどう対応するのだろう?
トップクラスの技術を中国にただでやるようなモノだ。
それでなくとも右肩下がりのこの景気だ。
目先に走る企業が出ても不思議でない。

それに対する国の対応はどうするつもりだろう。
この件は、今後も注意深く見る必要があるのではないか。


そうそう…
肝心の草なぎ君の記者会見を、ちらりと見たが(苦笑)
アレがトップニュースになる程の事かというのが、正直な感想だね。

ましてや自民党の大臣様のコメントや、民主党のお偉いさんの馬鹿げたコメントなど、何故必要なのだ???

まあホント…
日本は平和な国だ。
posted by 諷太郎 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。