2009年03月25日

韓国人は、そこまで自らを貶めたいのか?

昨日のWBC…本当に見ていて気持ちが良かった。

当然、日本が優勝したからだという意味もあるが、手に汗握るスリリングな展開に、両国民で無かろうとも目を見張らせるプレイが続出したからだ。

その後の両国選手のコメントも「良い試合だった」という言葉が聞かれ、次回のWBCに対して期待を寄せられる終わり方で、万々歳だった…はずだ。


ところがビックリ。

中央日報(韓国紙)では、内海(巨人)が韓国戦で李容圭にデッドボールを当てた事を謝罪したら『李容圭は試合後「球を投げる前、内海投手と目が合った」とし、ビーンボールの可能性が高いと指摘していた。 』と語ったというニュースにした。

デッドボール(わざとじゃない)とビーンボール(わざと当てに行く)の違いは、少しでも野球を知っている者だったら、全く違うモノだと言うことは理解しているはずだよ。
内海は、わざとじゃないから誤りに行ったのだ。
にもかかわらず『内海投手と目が合った…』からビーンボールだと!!

韓国人は他人と目があったら、理由無しに殴りかかるのが礼儀だってんだな。

記事はわざわざ特集ページで、「勝利したがマナーで負けた“ダーティーサムライ”」との見出しで日本チームを批判した。

韓国人はこうまでして、自らの馬鹿さ加減を世界に広めたいのかと思うと、もう哀れみしか感じない。

更にヒドイのが朝鮮日報(韓国紙だよ。朝日新聞じゃないよw)。
普通は優勝した国を讃え、準優勝だった本国選手団を慰労するのが当たり前だと思っていたが、朝鮮日報は違うね。

全面に押し出されたのが「(日本は)国際大会ではあまり見られない非紳士的なプレー」と非難した…との事。

内海のデッドボールや日本のショート・中島の2つのプレーを写真入りで報道し、写真上に赤丸をつけて解説するなど、韓国の敗戦よりも大きく報じた(by産経新聞)。

『日本は卑怯だから、韓国は負けたのだ。力は韓国の方が有るのだ』と、声高に叫びたかったんだろうね。

…韓国人は「みじめ」って言葉を知らないんだろうな。

また大会後のセレモニーで、彼の李容圭だけは、銀メダルを首にかけず、終始日本側のダックアウトに目もくれなかったとの事。

オリンピックではメダル剥奪だよ(嘲)

朝鮮日報ではこう締めくくっている。
『日本との決勝戦は韓国の選手全員が精魂尽き果てるほど緊張した試合展開だった。毒気のこもったような李容圭の姿を見るにつけ、将来の韓日戦では彼の活躍に注目する必要があるように思われた。』

そうだった…
韓国では、日本を敵対し馬鹿にする人物こそ『義士』だったんだ(嘲)。

しかし、日本では4大新聞と同じ様な影響力を持つ朝鮮日報や中央日報が、この程度の記事を流すようでは…向こう3000年、韓国人には日本を越える事は出来ないだろう(まあ、その前に日本もどんどん質が悪くなってきてはいるがね…自爆)。
posted by 諷太郎 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

非紳士的な
Excerpt: ヤクザになっている人間、またその動機について。ヤクザに魂を売るような人には、....ヤクザになっている人間、またその動機について。ヤクザに魂を売るような人には、比較的どのような人が多いでしょうか?..
Weblog: 動画で見る芸能スポーツニュースダイジェスト
Tracked: 2009-03-26 02:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。