2009年03月10日

今回は戯れ言

大阪府で橋下知事肝いりの教育改革が指導を開始したらしい。
と言う事で、邪推入りのお話を(^^;)


☆第1話

主『取り敢えず、小学校にでも芝生でも貼ってみるか』

クソ下僕「ははぁ。仰せの通り」

主『芝生の管理は大変だが、どうせ給料減らしたついでに、教師共に芝刈りでもさせてやればいいさ』

クソ下僕「はは、その様に手配します。まあ言い訳の為に、地域の協力を受けなさいとでも言った文言を挟んでおきます」

主『良きに計らえ』


☆第2話

主『まあ今年は、ただだってんだから金に五月蠅い大阪人は文句言わないだろうから、トライグループ・第一ゼミナール・SAPIXなどの塾に、夜スペでもして貰おうか。』

クソ下僕「取り敢えず、配下の箕面市の市立西小学校で、出来の良い協力的な生徒を何名か集めております。
主様の方で、それをどんどん宣伝して頂ければよいかと…」

主『よしよし、さすがじゃ。
ある程度広まったら、塾を儲けさせる為に、来年度から予算を組まねばならぬ。
予算が認められなかったら、塾の方から貰えるワシへの献金が無くなるから、しっかり広めろよ。』

クソ下僕「無論で御座います。
住民共がどうなろうとも、主様に損をさせるような事は決して御座いません」

主『良きに計らえ』


☆第3話

主『そう言えば、夜スペを考案した藤原和博・大阪府特別顧問は【実際に始めてみれば、教員と塾講師が意外に役割分担できることが分かるだろう。】などと言っておるらしいではないか。
なかなかのやり手じゃのう』

クソ下僕「はは、いかにもで御座います。
いちおう、どんな下らない理由であろうとも付けておかないと、来年度の予算に入れられませんからね」

主『そうじゃのう。
まあこういう事だな。勉強は予算をガンガン付けた塾の講師に教えさせ、本来の教師の方はモンスターペアレントの対応や、犯罪予備軍のガキ共の躾、芝生の管理に当たらせば良いわけだな。』

クソ下僕「その通りで御座います。
当然モンスターやヤンキー共の躾など出来るわけはありませんから、それを理由に、より一層の給与の削減をすれば良いと思います。
どうせ、教員の平均寿命など64才くらいらしいですから、とことんケチれば良いと存じます。」

主『そうだな。早死にする者に旨い汁を与える必要はないわ。
しかしそれを称して藤原は【役割分担】と言っておるのだな。なんと姑息で上手い奴じゃ。』


☆第4話

主『ところで、以前ワシが打ち上げた【携帯禁止令】の方はどうなっておるのかの?』

クソ下僕「ははぁ。基本的には全学校に禁止令を配布いたしましたが、なんせ個人の私物ゆえ罰則規定を取る事が出来ず、苦労している学校が多いと聞いております。」

主『そりゃそうだろう。
しかし【ワシが禁止している】と言っておけば、馬鹿な住民共は教師の能力がないから禁止出来ないんだとしか思わないのだろうな
まあ、ワシはこれ以上この問題には口は挟まないでおこう。
なんせ、なんの徳にもならんからのう』

クソ下僕「その方がよろしいかと…」


☆第5話

主『肝心の話しじゃが、弱者から巻き上げた4億円で、ニンテンドーDSの購入準備は進んでおるか?』

クソ下僕「先日の議会で、府教委顧問(藤原)が関わっているDSを利用する事は【利益誘導】になるのではないかと言う質問が有りましたが、さすが主様。見事にテキトーに誤魔化されましたな。お見事で御座います」

主『テキトーと言うな(笑)。
どうせ、頭の悪い府民が選んだ議員だから、テキトーに言っておけば、ウヤムヤになるのじゃ。』

クソ下僕「ごもっともで御座います。
【教育委員や特別顧問が選定過程にかかわるなら問題だが、どのソフトを使うかは各学校が判断している。結果として利益を得たとしても反射的利益に過ぎない。】との強弁には頭が下がりました。」

主『当然であろう。そうとでも言っておかないと問題になるからのう。
しかし、ニンテンドーDSの百ます計算ソフトは藤原が監修したモノしかないのだから独占販売になるのは百も承知じゃ。
他の会社のソフトを使うわけにはいかんであろう(笑)』

クソ下僕「つまりは主様はニンテンドーからウハウハ♪。藤原も監修費でウハウハ♪♪ってところですな。
本当は、百ます計算など、ガリ刷りで十分なのですが、それでは主様の儲けにならないですからね。」

主『これこれ、そんなに露骨に♪♪♪を付けるモノではないぞ(笑)
まあ、そち達がワシの言いなりになれば、美味しい目も見せてやるうぃ』

クソ下僕「ははぁ、有り難き幸せ。くれぐれもよろしくお願い致します」



以上、コレはフィクションであり、ここに書かれた登場人物や固有機関名・背景は、事実とは一切関係有りません。
タダの遊びだよ(^^)
posted by 諷太郎 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。