2008年07月15日

竹島問題で李政権は生き残れるか

韓国の権哲賢駐日大使は、今日(15日)外務省を訪れ、藪中外務次官に対し、中学校の新学習指導要領の解説書に竹島が記述されたことについて抗議した。

んでもって、帰国までしちゃうらしい(苦笑)
またかい…ってのが正直な感想。

「日本は大事なもの失う」って、相変わらず威勢の良い口調で叫き倒していたが、ホント…進歩しないね(重ねて苦笑)

文科省の指導について、当初「固有の領土」と記載する方向だったが、今は親中派の福田さんが首相だから、この様にトーンダウンさせるのは分かっていたから、今回は仕方ないとしよう。
しかし福田首相も、先の読めない人だね(溜め息)。
中途半端な表現で配慮したつもりだろうが、韓国人にとってはおんなじだよ。
ほんと…盧武鉉元大統領と同程度の能力の持ち主だ(泣)


まあ今回は、政府の対応について言いたいのじゃない。
福田政権の元で外交に期待は一切していない


今回は、この問題に対しての韓国の反応だ。
当然この程度の反応は予想された事だが、大使を帰国させるタイミングが早いんじゃないかと、老婆心ながら心配しているのだ。

反日をヨシとせず出馬し当選した李大統領にとって、ここ最近の支持率の急落は何としても回復しなくてはならない。
特に牛肉輸入問題で反米ローソク集会に苦しまされ、北朝鮮で韓国人観光客射殺問題でも非難を浴びている。

そこに出てきたのがこの竹島問題。
「しかたない、反日で行きましょう」と誰かが言ったのか分からないが、盧武鉉元大統領が作り上げてきた反日のカードを早くも切らざるをえなくなったようだ。

本来、朝鮮民族には民主主義思想はない。
有るのは小中華思想だけで、人間にも国にも必ず上下関係を作り、その強い者だけに従うことしかできない。
「日本は朝鮮より下であって、どんな事であっても朝鮮より上に来る事は許されないのだ」…と、盧武鉉元大統領は韓国民に叩き込んできた。

李大統領は盧武鉉元大統領の亡霊に悩まされている

しかしこのままでは、韓国はまたもや先進民主主義国家への歩みを止めてしまう。
先進国になる事がイイとは言わないが、少なくとも他国を羨み妬む事だけで生きていく事は止めた方が良いのではないかと思っているだけだ。

取り敢えず、勝手気ままで自己中心的、且つ自分さえ善ければいい的考えの韓国人達も、反日に関しては見事に協調する。
国にアイデンティティーを持たない韓国人は、反日でしか共感しあえるものはないってのが哀れで仕方ない。


日本大使館前でローソクデモが有ったという。
今は100人程度の人数だそうらしいが、いつ何時牛肉問題と同様の騒ぎになるやらは分からない。
韓国人は早くその事が、自分自身のクビを絞めている事に気が付いて欲しいものである。

まさに…哀れである(合掌)
posted by 諷太郎 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日の論点!ブログ意見集: 権韓国大使が竹島で正式抗議 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「権韓国大使が竹島で正式抗議」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してく..
Weblog: 今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+
Tracked: 2008-07-15 17:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。