2008年06月23日

救急車の非常識利用法・橋下知事脅迫される

今朝の読売新聞に「足代わり119番、救急車を予約…非常識な要請広がる」と言った記事があった。

読んでみてビックリ!!

・タクシーで病院に行こうとしたが、配車に時間がかかると言われたから
・熱を出した子供を病院に連れて行きたいが、夕食の準備で忙しいので連れて行ってもらいたかったから
・病院でもらっている薬が無くなったから取りに行きたいから
・入院中の外出から戻ろうと思ったが、時間がないから
・病院に行こうと思ったが、家に車が無く、タクシー代がもったいないから
・病院で治療が終わったから、家に連れて帰って欲しいから
・病院で診てもらったが「異常がない」との事だが、他の病院で診てもらいたかったから
・救急車で行くと診察の順番が早くなるから
・病院に入院する事が決まっているので、連れて行ってもらいたかったから
(以上、読売新聞より)

う〜〜〜ん(^^;)
どうしろっての?

僕も何度か救急車のお世話になった。
特に親父が心筋梗塞で倒れた時は、素早い対応で一命を取り留めたのだ。
お袋も全身が痙攣を起こした時、夜中に走ってもらって事なきを得た。
時分自身も交通事故で車に跳ねられた時、身動き出来ない状況での救急車の音がどれだけ頼もしく思えたモノか。

救急隊員には本当に感謝しているのだ。

しかし、そんな非常事態以外の利用を、平然としている奴がいるとは驚き以外の何ものでもない。
「モラル」云々の話しではないだろ。
これはある種犯罪だよ。

そう言えば先日、110番にも信じられない通報が入ってくると言ってたなぁ。
ゴキブリ取ってくれとか、タクシーが来ないから来てくれとか、トイレで紙がないから来てくれとか、旅行するのでペットの餌やりをしてくれとか…
挙げ句に、迷惑電話を3000回もやって逮捕されたアホもいる。

両者に共通しているのは、自分の利益と権利(本当の権利じゃないよ)の事だけしか考えていないって事。

自分がタクシー代わりに救急車を利用した時、近所で重大な怪我や事件があって、緊急車両が間に合わなくても、本人にとっては痛くも痒くもないのだろう
秋葉原での悲惨な事件があった時も、何ら手助けすらする事もなく写メで現場を写し、嬉しそうに「今、こんな事件やってるぞ」って友達に電話している連中と同じだな。

まあそう言えばこれだけじゃなく、教育現場でもモンスターペアレントってのが話題になった。
お陰で現場の先生は「子供に勉強を教える」と言った本来の仕事がまともに出来ない状態で、夜な夜な走り回っている。

消防・警察・学校…
これらはもはやサービス業の一環でしかないようだ。

そこには、人の生命と財産を守り、子供達へ明日への人格を形成すると言った崇高な目的は何処にもない。


残念な事に、大阪府民の大半がそうであり、その頂点に立つ大阪府知事の「公務員はサービス業である」といった感覚を支持している。

税金を払っているのだから、タクシー代わりに救急車を使って何故悪い?
税金を払っているのだから、警察官にペットの餌をあげさせて何故悪い?
税金を払っているのだから、教師に学校への送り迎えをさせて何故悪い?
大阪は赤字なんだから、消防・警察・学校への税金投与は減して何故悪い?でも、本当に悪い国や上級役人には何も言わないよぉ(by橋下知事)


公務員は確かにサービス業だ。
ただし、営利を目的としたサービス業なんだろうか??

ま、大阪は橋下知事の希望通り、公務員も営利団体になった方が良いのかもな。

消防は、火事で出動したら出火した家からお代を頂く。
当然救急車は、タクシー同様Kmいくらでお代を頂く。
警察は事件の捜査1件に対し、被害者からお代を頂く。
学校は塾同様1回の授業に対し、生徒からお代を頂く。
そうすれば、少なくとも赤字の解消になるのは間違いないし、大阪府民も、もっと割り切って救急車を呼べるのだね。

ただし橋下さんを選んだ府民は、他の税金が高くなったり(なんせ以前から言っているように、府の支出の大半を占める国からの委託事業に関しては一切手をつけていないからなぁ)、消防・警察・学校を利用する時に多額の料金が発生する事に文句を言ってはならない

それが、モラルを無くした国民や府民の選んだ道だからだ。


おっと話しが逸れてしまったが、救急車の非常識な利用は、
…残念ながらこれからも増え続けるだろうな。


追記:言い忘れた事があったが、「橋下弁護士事務所と大阪府庁に、白い粉末が同封された脅迫状が届く」と言ったニュースが飛び込んできた。
またインターネット上の掲示板の「2ちゃんねる」に橋下徹・大阪府知事の暗殺を企てる書き込みをした東京都の男が逮捕された。

長崎の市長殺害事件の時も書いたが、いくら知事のやり方が間違っていても、無能であっても、脅迫はおろか暴力によって問題を解決する事は、決して許される事ではない

ましてや横山ノック同様、無能な知事を選んだのは大阪府民である。
責任は大阪府民が取るべきであって、犯人の鬱憤晴らしなどに、民主主義の崩壊を招くような言動は、絶対に許してはならないと強く思う。
posted by 諷太郎 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。