2010年10月06日

世にも奇妙物語

TVニュースで尖閣諸島の話が出ていた。
一緒に飯を食っていた後輩と、自然にその話になったのだが・・・

僕「早くフジタの社員釈放しろよなぁ」
A『しゃ〜ないでしょ。相手、中国なんだし』
僕「まあ、そうだな。尖閣諸島を領土問題化しなっくちゃ共産党の立場無いしなぁ」
A『でしょ。さっさと尖閣諸島を中国にやればいいんですよ』
僕「やる?????」
A『だってあそこ、沖縄や石垣島みたいにリゾート地じゃないし、あげちまえば中国人観光客もガンガン日本に来るんでしょ』

気を取り直して・・・

僕「いや、そこを譲ると尖閣諸島だけじゃ済まなくなるよ、沖縄だって要求してくるぞ」
A『その時はアメリカ軍が来るでしょ』
僕「わかんないよ(苦笑)。それに下手すりゃ本土まで巻き込んだ全面戦争になるよ」
A『え〜〜〜。わざわざ中国は日本に攻めてこないですよ。』
僕「いやいや、チベットやモンゴルの事もあるからこれだけは保証できないよ。そんときゃお前どうする?」
A『やだなぁ〜。当然逃げますよ。アメリカでも行くかな。オーストラリアでもいいなぁ。』

方向を変えた方が賢明だ・・・

僕「まあ戦争は無いにしても、日本は資源はないし高齢化にもなってきているから、経済の先行きは大変だな」
A『そんな事無いッスよ。現に円高だから得するじゃないですか。この前、仲間5人で韓国に旅行行ってきたんですよ。安かったですよ〜。最初は九州でも行こうかと思ったんですが国内旅行の方が高いんですよ。外国の方がお得感バリバリです』
僕「ふぅ〜ん、安いんだ・・・・・・・・・…(反論できない)」
A『まあ中国万博も彼女と行きたかったんですが、流石にね・・』
僕「流石に反日国家の中国には彼女を連れて行けないと?」
A『いや僕の小遣いがなかったもんで、行っても買い物をさせる事が出来そうもなくて(爽やかに笑う)』

気を取り直して・・・

僕「まあ、行きたいならフジタの社員が釈放されてからにしろや」
A『釈放されても、どうなるか分からないですよねぇ』
僕「ほう・・・分かってるじゃないか」
A『だって日本は昔、中国でさんざん悪い事してきたんでしょ。南京とか・・』
僕「え??? 南京大虐殺信じてるの???」
A『いや・・興味ないッス(キッパリ)』

完全に僕の敗北である。
日本人の大半がこの様な意識しか持ってない事を願うしかない。
僕の知識もたいしたことはないとは思っていたが・・・自分の考え方を改めて見る必要が有るのではないかと思わされた日であった。
posted by 諷太郎 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。