2010年08月31日

小沢君、出るの出ないの?

「日本人は精神が劣化してきている」と仰せの小沢一郎。
君の言うことはもっともだ。

でもまあ、そんな日本人を作ってきたのは誰あろう、君の年齢の日本人だよ。

最近街に出てみても、自己中心的な行動をしているのは年寄りが多い。
若い者は格好が変であろうが無気力であるが、そこそこ他人との協調を片隅にでも置いている。

しかし年寄りの行動にはそのような感じが見受けられないばかりでなく、自分の意にそぐわない場合は「最近の若い者は・・・」と決め台詞で威圧する。

ニュースを見ていても、若い連中より犯罪率が高いんじゃないの?と、思わされてしまうのは僕だけか??

その中でも良い代表が、小沢一郎。
おっと、平成の無責任男No.1の鳩山由紀夫も忘れてはならんな。

今日も民主党の代表戦に出るの出ないのってワイワイやっていたが、そんなことはどっちでも良い。
どちらにせよ民主党が政権を握っている限りは、国の借金が増えこそあれ、景気が改善されることも借金が減ることもない。
自民党以上のばらまき政策が続き、1000兆円の借金が後の世代を苦しめることは間違いないだろう。

かと言って、自民党も党改革すら出来ないで、ヌラヌラと民主党の自滅を待っているのは情けない限りだ。
まあ、あと3年間は選挙もないので、その間どれだけ日本が破壊されるか見物である。


見物と言えば、もしも小沢一郎が選挙に出たら、党員及びサポーターはどうするのだろう?
少なくとも、一般の国民は80%は「小沢ではダメだ」と考えている。
しかし、民主党のサポーターには国籍条項がない
つまりは在日外国人でも金さえ払えば、日本の国政に参加できるのだ。

民主党内には、在日外国人(特に在日韓国朝鮮人)の参政権に意欲的な輩が多い。
うがった見方をすれば、「ドンだけ金が流れているんだ!!」って事だな。
日本のことを憂うより、我が身かわいさの方が強いって事だろう。

まあこの調子なら、小沢一郎は代表戦に出ないで『トロイカ+1』体制に収まるだろう。
で、宇宙1言葉の軽い鳩山由紀夫も、権力の一翼を担うことになるのだろう。
そんな政治家を当選させた点で、小沢一郎の言う『日本人は精神が劣化してきている』は的的を射ているだろう。


しかし代表戦があろうが有るまいが、聞きたいことが一つある。
民主党の党員サポーターにおける、在日外国人の数は・・・何名だ??


追記(10/6)
まさか代表戦に出るとはね(^^;)
おまけに負けるとはね。
さらに強制起訴されるとはね。

歴史に「たら・れば」は無いが、代表戦で小沢が総理になっていたら、尖閣諸島問題はどのように解決していたのだろうか興味津々だ。
たぶん民主党議員総勢で、再度中国詣をしてたんじゃないかな。
何にせよその時は、日本の領土領海は小さくなってるのだろうがなぁ(嘲)
posted by 諷太郎 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

歴史を語る資格がない

たまたまだったのだ。
何気にNHKを見ていたら、『日本の、これから』という討論番組をやっていた。
途中からだったが色々な意見が発せられていたので、暇つぶしに見ていた。

そこで出てきたのが崔監督のこの発言だった。
崔は「当時の日本のイデオロギーはそういう方向に流れていた。国そのものがそうなっていた。だけど36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方の人は、基本的に歴史を語る資格がない」

思わず??????????????????????

前に発言した人って…そんな酷いことをいったのか?????????

その前の発言は「列強諸国が世界各地の小国を植民地化していく当時の流れの中では、日本が大韓帝国を併合したことはやむを得なかった」
どう聞いてもこれは当時の植民地主義を何ら肯定しているモノでもないし、単に時代背景を言っただけのようにしか思えないのだが……

歴史に関してはどの場合も強者側からの記述面があるのは否めない。
しかしそれもまた有っての検証をするべきであろう。
だから過去のどの歴史についても、戦った側の歴史認識の統一など無いではないか(ナチスに関しては特殊な例になるが)。

このブログでも書いた『ザ・コーブ』上映事件の時は「言論、表現の自由を守れ」と叫び、日韓併合に関しての当たり前の論議に関しては『お前には歴史を語る資格がない』とわめく崔のダブルスタンダードっぷりには辟易する以外の何ものでもない。

まあ…………中立性を保てないNHKの作った番組だから、仕方ないっちゃ仕方ないか(自爆)
posted by 諷太郎 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。