2009年08月31日

衆院選、民主党圧勝

世間一般の方の予想通り、今回の衆院選は民主党の圧勝で終わった。
自民・公明党の惨敗ぶりは『哀れ』を通り越して爽快な気分にすらなる。

この選挙に10億円以上モノ資金を投入した「幸福実現党」は、党首の当選すら叶わなかったが…まあ、どうでも良いことだろう。

さて、問題はいよいよこれからだ。

国民は民主党に期待したのではなく、自民公明党の政治に嫌気がさしたから民主党に入れたのは確かだ。

今までの(と言っても、バブル前のことまでだが…)高度成長時代なら自民党主体の政治で良かった。
しかし世界経済は急落し、日本国内でも少子高齢化が進み今後の発展すら望めない時代に、今まで通りの土建屋政治に胡座をかいてきた自民公明党の政治手法に鉄槌を喰らわしたって事だな。

その兆候は、かなり前から来ていた。
にもかかわらず、自民公明党は方針を変えることなく居座り続け、国民はどんどん政治に興味を持たなくなっていた。
しかし、それを打破することが出来ると知らしめたのが「小泉劇場」だ。

小泉元総理が起こした『風』は、国民の力で政局を変えることが出来ると実感させたことだ。
そしてその風は参院選で吹き、今回の衆院選でも吹いた。
そういった意味に置いてのみ、小泉元総理の功績は有るだろう。


いよいよ民主党の政策力が試される時だ。
どのような政策がなされるかは分からないが、この『風』の力を充分身に染みている民主党は、少なからずとも現実路線に方向転換しなくてはならないだろう。

ただ、空想世界に住んでいる社民党がどう出るかだな。
社民党の扱い1つで、自民公明党にボーナスポイントがつくやもしれない。
それでなくとも、本質的にはバラバラの民主党だ。
内閣を作る段階でもかなりの苦労が見て取れるが、何事もまず最初は手探り状態だから、この後の4年間を国民はしっかりと見ていかなくてはならないだろう。
posted by 諷太郎 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

衆院選の困惑

衆院選もあと3日になった。
今回の衆院選ではどの世論調査でも民主党が300議席を越える勢いだと予想している。

ただ、残念なのが「民主党がいい」から民主党に入れるのではなく、「今までの自民公明党の政治が酷いから」民主党に入れると言った風潮が大きいことが不安なのだ。

または小泉劇場と同様、単にそれが流行だから自分もそうすると言った輩も多そうなのも困ったことだ。


僕自身も民主党の政権能力については「未知数であろう」としか言いようがない。
旧社会党から元自民党の連中までの寄り合い所帯である民主党に、どのような政策が立てられるのか不安であるのは事実だ。
少なくとも内政はまだしも、外交関係に関しては不安満開としか言いようがない。

ましてや民主党はすでに社民党との連携をブチ上げている。

社民党というと、話題になったのは『総理!総理!』と絶叫しているだけのシーンしか思い浮かばない。
政策と言えば『憲法9条死守』を御題目のように唱え「憲法9条死守と言い続ければ、極楽浄土に行けますよ」と、何処かの宗教法人まがいの印象しかない。
まあ現与党にもそういう政党が引っ付いているので、似たようなモノか(苦笑)。

何にせよ今回の選挙は、どのようになっても不安だ。
現実問題、未だどの政党を支持しようかも決まっていない。

でも現実は…この前の小泉劇場同様の風が吹くのだろうなぁ。
posted by 諷太郎 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

衆院選の目玉??

いよいよ衆院選も本格的になってきました。
此方のような田舎にも、各政党の宣伝カーが走り出しています。

そう言えば「幸福実現党」の宣伝カーが来た時は、流石にビックリ!!
お前ら、そこまで金持ってるのかぁ〜って、思ったのだ。

まあ実際、宗教法人にゃ税金関係ないからな(^^;)
公明党でも、宗教関係でガボガボ稼いで政党関係でガツガツ稼いでいるだろうし…。
幸福実現党も、色気を出して不思議ではないな。

ってか…宗教法人からも、税金取れよ。

と言うと、要らぬ所からサリンでも撒かれちゃ大変だから、以上の事は冗談として…


さて、本題はこちら。
各党からマニフェストなるモノが出てきたが、空想物語のような事が満開だ。
2大政党に限ると、方や「責任力」、方や「無駄根絶」。

まあ自民党が、今更「責任力」と言っても、ここまでバラマキ政策をやって膨大な借金を作ってきた以上、責任力があるとは思わない。
また民主党も、内政には共感するモノもあるが、外政的にはかなりの不安が残る。

しかし、その中で特に気になるのが「地方分権・道州制」の項目だ。

これは、タレントの橋下が言いだして(その裏には「堺屋太一」の存在が見え見えだが…)それに乗っかって打ち上げているだけだが、実際地方分権はまだしも、『道州制』となると如何なモノだろう。

国民の中で、どの程度の人間が『道州制』について理解しているのか??
まあ…99%(?)の人は、道州制など理解出来ていないのではないだろうか。

当然、国会議員の中にも知らない奴は多くいるだろう。

今回の党首討論会の中でも『道州制』について具体的な話しなど一切出されていない。
人気タレントが『道州制』と言ったから、「とりあえず、マニフェストに書いておきましょう」てな感じだろうな。

つまり、酒井法子が逮捕されたから『碧いうさぎ』のダウンロードが増えたりCDの値段が高騰するといった、馬鹿馬鹿しい現状と同じなわけだ。

『道州制』に反対しているのが共産党だけと言った情けない現状では、この国はやはり幼稚化しているとしか考えられないだろう。

ちなみに、共産党が国政を担うことになるのも…恐ろしい話しだがね(共産党はスパイスであって、メインディッシュではない…苦笑)。
posted by 諷太郎 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。