2009年05月28日

迷い鯨とグリーンピース

はい…今日はショートコント


和歌山県田辺市の内之浦湾にマッコウクジラが迷い込んで2週間経った。
かなり衰弱をしているようで、見ただけでも命の危険にさらされている。

電話やメールで役所の方に「助けて欲しい」と行っている輩がいるようだが、そんな人にとっては過去の事は、どうでも良いようだ。
過去に愛媛県で迷い鯨を助けようとした人が1人死んでいる。

自分が命をはって鯨を助けようとするんじゃなく、他人の所為にして自己満足に浸ろうとするってのは…如何なものかな?
まだ足を運んでワイワイ見物している連中の方が、嫌らしくて良い。


ってか、それ以上にグリーンピースの連中はどうしてるのだ?
命をかけて鯨を守るのではないのか?
なんせ犯罪を犯しても、捕鯨を止めさせようとする方が大切なのだろ。

日本中のグリーンピースの連中は和歌山に集結し、身体を張って救い出せ。
そうすりゃ少しは認めてやる。

迷い鯨は、奴らにとって鯨じゃないのだな?
鯨が「飢え死に」するのは勝手で可哀想ではないが、捕鯨により「ほぼ即死」させられるのは残酷だって訳だ。
なかなか良い理屈だ。

まあ、下らないコントが出来だけあって、誰も笑えないオチが付いた。
posted by 諷太郎 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

北朝鮮の核実験と盧 武鉉の死

タイトルは「北朝鮮の核実験と盧 武鉉の死」としたが、結論から言おう。

北朝鮮の核実験や盧 武鉉の死など、どうでも良いことだ。

まず、北朝鮮の核実験。
『何、馬鹿なこと言ってるのだ』と怒られそうだが、どうせ日本が何を言おうと核実験はおこなわれていただろう。
なにぶん軍備拡張でしか生き残ることが出来ない金王朝だから、今後もマジでICBM開発に全力を注ぐことも予想出来る。

問題なのが、その開発された核やミサイルがイランのような国に輸出されることだ。
イランやアフガニスタンのタリバンのようなテロリストが核を持つと、とんでもないことになる。
核を使った自爆テロでもされようものなら、世界中が混沌とした世界になってしまう。
つまりは、世界の終演だな。

北朝鮮にしてみれば、中東で紛争が起きると(例えばイランが核ミサイルをイスラエルに撃ち込む)アメリカは北朝鮮などにはかかわっていけなくなる。
そうなればしめたのモノだ。
少しでも条件の良い方法で援助をねだることが出来る。

瀬戸際外交の最たるモノが、この時期の核実験って事だろう。

今回ばかりは中国も苦り切っているだろうが、それでも北朝鮮の金王朝体制が崩壊して貰うと困る。
東ドイツのように北朝鮮が韓国に吸収されるようなことになると、喉元にアメリカの軍事力が突き付けられることになるからな。

まあ、核実験はこれからもおこなわれるだろうし、ミサイルの実験もおこなわれるだろう。
自民党はコレを切っ掛けに、国内での選挙の為、強硬な姿勢(敵基地攻撃、法的に可能に)で票を集めようとするだろうし、防衛省はMD計画の推進を強めることになる。

また反対に、馬鹿な野党はウロウロとするばかりで、せっかくの政権交代の機会を失うことになるだろう。

つまりは、核実験をやろうがやるまいが、日本にとっては自民党がワクワクするだけで、それ以外の何ものでもないって事だ。


次は「盧 武鉉の死」。
知っての通り、クリーンを売り物にして大統領になった盧 武鉉だが、ご存じの通り結局は汚い金にまみれた奴が、逮捕されることを恐れて自殺しただけって事だ。

そう言えば、日本の大臣にもそんな輩がいたな。

まあ散々反日的な言動を繰り返し金を集めていたが、それがバレると自殺かい。
これ程情けない奴とは思わなかった。

また、死者に対しても鞭打つと言われる小中華思想の韓国で、その国賊に対して弔問者が多いのも呆れた。
少なくとも中国や朝鮮では、前政権の権力者に対しての弾劾は毎度のことだ(江沢民が未だ生きている方が珍しい)。
今回の自殺騒動も、大騒ぎする程のことではない。


日本人は死者に対しては、悪人善人にかかわらず同等の扱いをする。
盧 武鉉がおこなってきた反日活動に対しては認めることは出来ないが、今更唾かける気もない。

つまりは、自業自得と言うことで…
posted by 諷太郎 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

裁判員制度スタート

たしか今日から『裁判員制度』がスタートしたのだったな。
新型インフルエンザ騒動で、どっかにぶっ飛んでいる。
残念ながら、僕は裁判員に選ばれなかったが、まあいつか来るのを期待しよう。

以前も書き込んだように、この制度は下らないと思っている。
これ程、しょうもない制度に税金を使うなどとは馬鹿馬鹿しい。

一生懸命アピールしている連中には『この制度を採用していないのはオランダくらいなものだ。これで日本も先進国の仲間入りだ』なんて馬鹿馬鹿しい事を言っている輩もいたが、呆れてものも言えない。

まあ僕の所に来たら、僕は小遣い稼ぎの為出席しますよ(笑)
日当1万かぁ〜♪♪
それも、皆様方の税金だ。

適当に判決言ってお終い。

巷では、何だかんだと深刻にいっている人が多いようだが、僕には関係ない。
別に商売人の損失保証を国がしてくれるわけではない。
会社の運営に支障がきたしても、国が援助してくれるわけではない。
お母さんが子供を預けるのも国がやってくれるわけではない。

国にしてみれば、形だけ整えばそれでいいようだ。
所詮、その程度の制度だから、国民もそのつもりで参加するしかない。


あ〜あ、次は裁判員に選ばれないかなぁ。
その時は…銭を貰って、適当に判決言って、おしまい…って事で(嘲)
posted by 諷太郎 at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

失笑…ピースボート護衛受ける

今日は、本当にしょうもないニュース発見。
『ピースボート』ってご存じかな?

「総理!総理!!」で、有名な社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立した、『わざわざ割高の費用を払って反米・反体制的な思想を叩き込まれるツアー』だ。

時には北朝鮮や北方四島に渡航したり、日本人拉致問題よりも北朝鮮への戦争賠償や謝罪の優先を訴えたり、ソマリア沖への自衛隊派遣反対を叫んだりしている団体だ。

そのピースボートが今回ソマリア沖を航行する際に、なんと自衛隊の護衛を受けるとの事らしい。

え???

辻元さんよ、あんたにとって自衛隊は敵だろw
「自衛隊は認めない」と言っておきながら、助けて貰うのかい(嘲笑)

ここで『自衛隊の護衛はいりません。こっちは非武装だから海賊の攻撃は受けるはずはありません』って、言ってみろよ。
言っていることと、やっていることのギャップが大き過ぎじゃないかな?

と言っても、約600人が参加しているとのこと。
しこたま金をぼったくられて、おまけに変な思想(北朝鮮マンセー)を叩き込まれて行く奴って、呆れる程多いのだな(感心)。

まあ何にせよ海賊船が現れて、自衛艦が威嚇射撃を始めたらピースボートを盾にしてでも海賊船を守れよ。
そして声高に叫ぶんだ。

『自衛隊反対!!』ってな(嘲)
posted by 諷太郎 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

田原総一朗って…なんだ?

新聞を開ければ新型インフルエンザと小沢代表の辞任で紙面が埋め尽くされている。
本来なら、その件についても取り上げようと思っていたのだが、最近なかなか書き込む機会が少なくなって、ご無沙汰している。

しかしその中で、ほんの少し取り上げられていたニュースにはカチンと来た。
それは、田原総一朗が「拉致被害者は生きていない」と発言したことだ。

先月25日放送の「朝まで生テレビ」で、拉致被害者の横田めぐみさんや有本恵子さん達を「生きていない」と言い切ったそうだ。

それに対して拉致被害者家族会の方から抗議があった。
そりゃ当然だ。

それに対して田原は『申し訳ないが、事実に基づく根拠がある。情報源を明らかに出来ない
と返事をしたとのこと。

問題はここだ。
事実に基づく根拠とは何だ?
最も救出を願っている家族会にも知らされないような事実を、たかが自称ジャーナリスト如きに公表されることは、有るのか?
「外務省も知っている(田原談)」との事らしいが、外務省は田原には話せても、家族会には話せないことなのか?

たとえそれが本当であっても(ってか、本当なわけがないけど)、まずはその情報を仕入れたときには、家族会に最初に報告することが真のジャーナリストではないのか!!

第一、「情報源を明らかに出来ない」事自体が嘘八百の証拠ではないのか。
自分の妄想が情報源だから、出しようがないってのが真実だろ。
情報源を出さないってのは、具体的かつ客観的な資料が出た時に使うモノだ。
田原自身の妄想の為にジャーナリスト気分で使う言葉じゃない。

さらにこの事を、さも「自分だけが知っている」様な発言をすることによって、視聴率を上げようとする様が卑しい

テレ朝も、いつまでもエセジャーナリストの田原に頼った番組を作っているようでは、また橋下徹に「チンカス野郎」って言われるぞ(ま、どっちもどっちだが)。


家族会が言っているように「死亡前提では今後の交渉に影響がある」という方が当然だ。
「北朝鮮マンセー」の田原総一朗にしてみればその方が都合良いのだろうがね。

戦後出てきた有象無象の「自称ジャーナリスト(毛沢東宣伝部隊)」の為に、日本の歴史はどんどん歪曲化されてきた。
その生き残りである田原総一朗は、未だ過去に縋って蠢いている。

戦前、戦争突入を煽りまくった朝日は、形を変えども嘘と虚構にまみれたニュースモドキを発信している(NHKやTBSもそうだがね)。

何にせよ。非常に腹立たしい発言である。
posted by 諷太郎 at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

GW…楽しんでますか?

GWのニュースと言えば、渋滞。

今年は大型連休だし、ETCの割引もあって、車で出かける人が多いようだ。
それを見越して、僕の方は家でノンビリとしている。

まあ旅行を楽しむほどの元気もないし、なんせ銭がない(苦笑)
海外旅行もニュースになっているが、新型インフルエンザが出ている時に「勇気があるなぁ」と思ってしまう。
まあ普段から元気な人にとっては、それらは何の障害にもならないのだろう。

しかし、このインフルエンザや連休の効果が自民公明党に優位に働いているのには笑ってしまう。
支持率が上がっているのだが、何が理由なのだろう??

ETCなども、何処まで経済効果が上がるのかという疑問は、誰も思わないのだろうか?
実際15兆円もの追加予算を建てたのはよいが、それを上回るかどうかは疑問視されているだろう。

日本国民は目先の定額給付金やETC1000円乗り放題で、票が集まるって事を政治家達が覚えただけだ。

まあ、この巨大な借金は、子供や孫達に大きくのし掛かってくるだろうし、その為に日本がどうなるのかってのは、「自分が良ければそれでよい」と言った日本人にとっては、どうでも良い事だろうね。


GWにノンビリしていると、マイナス思考な事ばかり思ってしまう。
なんにせよ、これが杞憂であることを祈りつつ、ダラダラと過ごすとするか。
posted by 諷太郎 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。